« google八分と著作権侵害の争い方 | トップページ | 南山大学図書館 »

2005/12/11

Webサイトの正体不明って?

誤訳例であろう。
Hotwired Japanのウェブサイト全体の8.6%が正体不明——米会計検査院という記事だが、RSSで見出しだけ見たら、またぞろ匿名の卑怯者の話かと思った。え、それだけしかないの?

ところが記事本文を読むとどうもおかしい。ICANNに通報して是正させたとか書いてあるし、第一ウェブサイトに住所だの氏名電話番号だのを書いている人は、商売やっている人の他にそういないはずではないか。

もしやドメイン名のことかなと思ってリンクされているPDFをみたら、案の定、
Prevalence of False Contact Information
for Registered Domain Names
Highlights of GAO-06-165
であった。

しかし、今時ドメインネームをウェブサイトと「意訳」してくれる人なんて、うちの学生にもいないと思うが。

|

« google八分と著作権侵害の争い方 | トップページ | 南山大学図書館 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7571039

この記事へのトラックバック一覧です: Webサイトの正体不明って?:

» [告発事件]なぜ検察庁は沈黙、放置しているのか? [hirono_hideki 日暮途遠]
http://unegen.exblog.jp/2136767 このホームページの掲示板を見れば、納得できる気がします。理由や、経過については、詳しく書いて行く予定でいます。  沈黙と書きましたが、完全に沈黙しているわけではなく、私に対する返戻書というかたちで、意思表示をしています。  なお、今日の昼、金沢地方検察庁へのリンクを張りました。  やはり、裁判員制度は、検察が精力的に推進している制度のようです、はじめ2チャンネルで見かけましたが、この金沢地方検察庁のホームページでその意気込みが確認できま... [続きを読む]

受信: 2005/12/12 00:38

« google八分と著作権侵害の争い方 | トップページ | 南山大学図書館 »