« jugement:給付訴訟の訴えの利益が否定された事例 | トップページ | jugement:既判力に反し許されないとして訴え却下となった事例 »

2005/12/03

jugement:訴訟脱退の実例

知財高判平成17年11月29日
A社が特許を受けたが、B社によって無効審判請求がなされ、特許庁が無効としたので、その審決取消の訴えを提起した。同訴訟係属中にA社が会社分割をし、C社が本件の無効とされた特許を引き継いだ。

この場合、A社の権利(地位)はC社に引き継がれたので、民訴法51条後段の準用する50条に基づき、権利承継人であるC社に訴訟引き受け決定がなされた。
そしてA社は、B社の同意の下で、48条に基づいて脱退した。ちなみに訴訟引き受けの場合の脱退は50条3項が準用しているので、その50条を準用している51条後段の場合にも適用があるという複雑なことになっている。

もう一つついでに、特許庁の審判に対する審決取消の訴えは、通常は特許庁長官だが、特許無効審判などに対しての審決取消の訴えは、審判請求人が被告適格を有するのだ(特許法179条)。

|

« jugement:給付訴訟の訴えの利益が否定された事例 | トップページ | jugement:既判力に反し許されないとして訴え却下となった事例 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7441142

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:訴訟脱退の実例:

« jugement:給付訴訟の訴えの利益が否定された事例 | トップページ | jugement:既判力に反し許されないとして訴え却下となった事例 »