« jugement:訴訟脱退の実例 | トップページ | pas:歩数 »

2005/12/03

jugement:既判力に反し許されないとして訴え却下となった事例

通常、民事では一事不再理でないので、既判力に抵触する訴えは、その既判力で確定した法律関係を前提に判断し、訴えの利益がある限り本案判決を下すと説明する。しかし、行政の取消訴訟のような形成の訴えでは事情が異なるというべきか。
知財高判平成17年11月30日

特許取消決定(本件決定)を受けた原告は、これに対して、本件決定の取消訴訟を提起し、請求棄却、上告棄却、上告受理しない決定を受けて確定した。その後、再審の訴えを提起したが、却下決定、抗告許可申請も却下、最高裁に特別抗告したが却下決定を受けた。
その後に本件訴えを提起した。請求の趣旨は不分明だが、三村コートは①本件決定が無効であること,②本件高裁判決について,平成20年10月9日まで再審の訴えを提起することができること,③上記再審により回復した本件特許権を侵害している住友石炭鉱業株式会社に対し,損害賠償請求をすることができること,の各確認を求めるものと善解した。

さあ、どうなったか?
自分で考えた後、上記リンクを見てみよう。

|

« jugement:訴訟脱退の実例 | トップページ | pas:歩数 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7441282

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:既判力に反し許されないとして訴え却下となった事例:

« jugement:訴訟脱退の実例 | トップページ | pas:歩数 »