« Ballet:シルビィ・ギエムの最後のボレロ | トップページ | 日弁連コンピュータ委員会シンポ »

2005/12/01

event:落合弁護士による法科大学院論

日々是好日で有名な落合洋司弁護士が南山大学法科大学院で講演される。
南山ロースクール生のみなさんのみならず、学外からも人数の余裕がある限り参加可能である。

(1)テーマ:「実務家(元検事)から見た法科大学院及び司法試験」
(2)日 時:2005年12月10日(土)15:00~17:00
(3)場 所:南山大学 法科大学院棟(A棟)3階A32教室
(4)講演者:落合 洋司 弁護士(東京弁護士会)
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/ (Blog)
(5)申込方法:題名を「講演会申込」とし、①氏名 ②現在の所属
③連絡先TELを記載の上、law-school@nanzan-u.ac.jp までメールにて申込をしてください。

|

« Ballet:シルビィ・ギエムの最後のボレロ | トップページ | 日弁連コンピュータ委員会シンポ »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7415222

この記事へのトラックバック一覧です: event:落合弁護士による法科大学院論:

» [ロースクール雑感]法曹養成制度の危機� [東大法学部ミシュラン]
をめぐって 前回に引き続いて,七戸克彦九州大学大学院教授の「新司法試験 『プレテスト』を読んで<民法>」(受験新報20006年1月号58頁) から引用しよう。 一方,短答式試験の評価基準に関して,・・・(中略)・・・「最低ラインに 達していない科目が一科目でもある者については,それだけで不合格とする」とし 【新司法試験考査委員会会議申し合わせ事項第1−1より,筆者注】,・・・ (中略)・・・仮にこの最低ラインを満点の50%近くに設定した場合,・・・ (中略)・・・この「脚きり」の関門を無事... [続きを読む]

受信: 2005/12/02 03:57

« Ballet:シルビィ・ギエムの最後のボレロ | トップページ | 日弁連コンピュータ委員会シンポ »