« exam:新司法試験18年度のQ&A | トップページ | arret:婚姻費用請求権の差押えと診療報酬 »

2005/12/27

event:ADRプラクティスの探求

早稲田大学で、ADRに関するシンポジウムが年明けに予定されている。
参加は無料だが、事前にメールで参加申込をすることとされているのでお忘れなく。

最近この種の催しには、リアルな知り合いとバーチャルな知り合いとが入り交じって登場するようになった。それだけ、有力な人がバーチャルな社会的接触を広めているということだろう。

日時:2006年1月14日(土)13時〜17時
場所:早稲田大学27号館B2(法務研究科/小野梓記念講堂)
主催:早稲田大学大学院法務研究科形成支援プロジェクト

司会:和田仁孝(早稲田大学)

プログラム

13:00〜13:15 開会挨拶:鎌田 薫(早稲田大学)

13:15〜13:45 ADR手続主宰者の専門性と倫理  和田仁孝(早稲田大学)
13:45〜14:15 ADR手続と訴訟手続の融化と対立  山田 文(京都大学) 
14:15〜14:45 ADRにおける事実認定  中村芳彦(法政大学) 

14:45〜15:00 休 憩

15:00〜15:30 日本でのADR教育の試行と可能性  入江秀晃(三菱総研)
15:30〜16:00 総括コメント   梶村太市(早稲田大学)

16:00〜17:00 ディスカッション


問い合わせ先 早稲田大学大学院法務研究科プロジェクト支援室
 TEL 03-3208-9592 FAX 03-3208-9604

|

« exam:新司法試験18年度のQ&A | トップページ | arret:婚姻費用請求権の差押えと診療報酬 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7860692

この記事へのトラックバック一覧です: event:ADRプラクティスの探求:

« exam:新司法試験18年度のQ&A | トップページ | arret:婚姻費用請求権の差押えと診療報酬 »