« news:ヒューザー偽造被害者の債権保全 | トップページ | jugement:建築瑕疵で施工業者、その代表取締役、設計監理の建築士に賠償を命じた事例 »

2005/11/29

偽Yahoo・共同ニュースで逮捕

どこかで聞いたことがあるニュースだと、また誰かやったのかと思っていたら、その昔のいたずら犯が今頃になって逮捕されたらしい。
長崎の元プログラマー逮捕

この件についての過去記事は
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2005/10/news_cd87.html

この件で一ヶ月もして逮捕されるとは意外だ。

|

« news:ヒューザー偽造被害者の債権保全 | トップページ | jugement:建築瑕疵で施工業者、その代表取締役、設計監理の建築士に賠償を命じた事例 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 実務の感覚では、被疑者の判断で、事実関係認めてパソコンを任意提出したくらいでは、勘弁してくれません。
 ネット犯罪は被疑者が考える以上に犯罪規模が大きいし、ネット犯罪一般として証拠隠滅のおそれが高いと思われているし、まだ隠滅できる証拠・余地が残っているからです。
 きちんと弁護人を選任して、総力戦でやらないと。(それでも逮捕される危険性をゼロにすることはできない。)


投稿: okumuraosaka | 2005/11/29 09:36

 大阪地判平成9年10月3日の朝日放送事件(天気予報画面をワイセツなものに置き換えた事件)を思い出しました。大麻の所持とかあったので懲役刑の実刑になってました。
 今回の事件は不正アクセスしていないようなので事案は若干違いますが社会的影響は同じようなものに感じます。

投稿: 通りすがり | 2005/12/03 17:24

↑訂正:執行猶予でした。失礼しました。
薬物が絡んだのではなくワイセツ物陳列罪でした(元被告人の方ごめんなさい。謹んで速効訂正します)。
出典:判タ980号285頁

投稿: 通りすがり | 2005/12/03 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7373171

この記事へのトラックバック一覧です: 偽Yahoo・共同ニュースで逮捕:

« news:ヒューザー偽造被害者の債権保全 | トップページ | jugement:建築瑕疵で施工業者、その代表取締役、設計監理の建築士に賠償を命じた事例 »