« danblogコメント欄閉鎖 | トップページ | arret:宗教法人の檀信徒決議不存在確認の利益があるとされた事例 »

2005/11/10

シャルル・デュトワとチェコ管弦

今日は仕事の都合で遅刻してしまったが、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とシャルル・デュトワ指揮のチャイコ4番である。

小川典子さんのピアノは残念ながら聴き逃してしまった。20051110194256.jpg

|

« danblogコメント欄閉鎖 | トップページ | arret:宗教法人の檀信徒決議不存在確認の利益があるとされた事例 »

コメント

自分も日曜日に行きます。
曲目は春の祭典などですが。

投稿: 岡口基一 | 2005/11/10 22:40

奇遇ですね。
私も、今日聴きました。(笑)
会場ごとに、プログラムのバターンが違うようです。
チェコ・フィルは、派手さはないけど、なかなか素敵な音でした。
でも、席が、あまりにひどいので、ホントのとこは、よくわからない。。。
特に、ピアノは音がわからなかったです。
   せっかく、好きなプロコフィエフだったですが・・
楽器の生の音やデュトアさんのつぶやく声や咳払いがきこえま〜す。
これもまたおつかも。

投稿: さしみのつま | 2005/11/10 22:55

山尾敦史さんのコンサート評がありましたよ。

http://yamaonosuke.blogzine.jp/honke/2005/11/post_be1e.html

投稿: 岡口基一 | 2005/11/12 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャルル・デュトワとチェコ管弦:

« danblogコメント欄閉鎖 | トップページ | arret:宗教法人の檀信徒決議不存在確認の利益があるとされた事例 »