« excuse:非弁提携と西村真悟弁護士の言い分 | トップページ | news:ヒューザー偽造被害者の債権保全 »

2005/11/28

Jugement:境界確定訴訟

甲府地判平成17年11月18日
ロースクールで民訴を勉強している皆さんは、境界確定訴訟にどのような特徴があるかご存じだろう。
図面がついていないのでよく分からないが、ともあれ判決文を読んでどの辺りに境界確定訴訟の特徴が出ているか、味わってみよう。

|

« excuse:非弁提携と西村真悟弁護士の言い分 | トップページ | news:ヒューザー偽造被害者の債権保全 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

形式的形成訴訟ですね。

気になったのは・・・国賠請求のほうだったりします(笑)。本人訴訟みたいな感じですね。

投稿: こう | 2005/11/29 05:28

確かに。
なんだか判決文を読んでると、誰の主張が認められたのか分からなくなってくるけど、結局原告の言い分が大筋で認められて、道路状のところがあってもYとの土地と隣接しているということですよね。

境界争いなんてのは、どろどろとした人間関係が表れやすい紛争類型なのでしょう。

投稿: 町村 | 2005/11/29 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7362810

この記事へのトラックバック一覧です: Jugement:境界確定訴訟:

« excuse:非弁提携と西村真悟弁護士の言い分 | トップページ | news:ヒューザー偽造被害者の債権保全 »