« NEWS:催涙スプレーは強力過ぎ? | トップページ | UK:DoS攻撃に英国コンピュータ不正使用法は適用なし »

2005/11/05

event:e-filing研究発表

「司法制度改革と先端テクノロジィ」研究会連続公開セミナー
 第2回「裁判の次世代基盤 〜テクノロジィと人びとにサポーティヴな裁判所〜」
日時:2005年11月12日(土) 13:00〜17:00
場所:富士通総研(東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー)大会議室

趣旨:
 e-ファイリング研究会では、2004年5月よりe-ファイリングのあり方について、研究者、法律実務家、ITベンダといった立場の異なるメンバーにより研究を進めてきた。ここでe-ファイリングとは、「filing:訴状等書類の裁判所への提出の電子化」という狭義の意味にとどまらず、「IT(情報通信技術)を活用し、人々の正義への『アクセス』、『プロセス』、『サクセス』をサポートする裁判所」と捉えている。ここには、法廷での審理の充実をはかるサイバー・コート等も含まれる。
 司法制度改革へのITの活用についての各テーマの中では、現実的なテーマであるといえる反面、現行の法制度の下での実現という点においては課題も多い。
 e-ファイリング、サイバー・コートなど、「裁判の次世代基盤」に関わる諸々の仕組みに関する研究の成果に加え、7月に実施した米国調査により得られたことを含め研究会メンバーより報告し、参加各位との議論と意見交換の場としたい。
------------------------------------------------------------
プログラム
■13:00〜13:05
 「司法制度改革と先端テクノロジィ」研究会代表ご挨拶
  指宿信(立命館大学法科大学院・教授)
■13:05〜13:15
 「e−ファイリング」研究会代表ご挨拶(研究会の紹介・本セミナーの趣旨紹介)
  川嶋四郎(九州大学大学院法学研究院・教授)
(以下パネル報告 司会:早野貴文弁護士)
■13:20〜13:35
 パネルディスカッションの内容紹介・問題提起
  早野貴文(弁護士)
■13:35〜14:00
 報告㈰「司法の現状と課題(仮題)」
  川嶋四郎(九州大学大学院法学研究院・教授)
■14:00〜14:25
 報告㈪「司法のIT化の日米比較と今後の動向(仮題)」
  廣石高(三菱電機株式会社社会環境事業部・課長)
■14:25〜14:50
 報告㈫「e-ファイリングの構想(仮題)」
  上田竹志(久留米大学法学部・専任講師)
■15:00〜15:25
 報告㈬「ハイテクコート構想と実証的研究の最新動向(仮題)」
  笠原毅彦(桐蔭横浜大学法学部・教授)
■15:25〜15:50
 報告㈭「実務家の立場よりのIT化への期待(仮題)」
  本田正男(弁護士)
■16:00〜16:45
 会場からの質疑応答、参加者によるディスカッション
■16:45〜16:55
 セミナー総括
  川嶋四郎(九州大学大学院法学研究院・教授)
■16:55〜17:00
 閉会ご挨拶
  指宿信(立命館大学法科大学院・教授)

|

« NEWS:催涙スプレーは強力過ぎ? | トップページ | UK:DoS攻撃に英国コンピュータ不正使用法は適用なし »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/6906770

この記事へのトラックバック一覧です: event:e-filing研究発表:

« NEWS:催涙スプレーは強力過ぎ? | トップページ | UK:DoS攻撃に英国コンピュータ不正使用法は適用なし »