« シャルル・デュトワとチェコ管弦 | トップページ | arret:会社更生法上の否認権の行使は可分な目的物の全部に及ぶ »

2005/11/11

arret:宗教法人の檀信徒決議不存在確認の利益があるとされた事例

最判平成17年11月8日

1 宗教法人の責任役員及び代表役員を選定する檀信徒総会決議の不存在確認の訴えにつき確認の利益があるとされた事例
2 責任役員又は責任役員代務者と称して宗教法人の運営にかかわってきた檀信徒が責任役員及び代表役員を選定するための檀信徒総会を招集することが許されるとされた事例

檀信徒総会の決議不存在確認請求を、一部は確認の利益ありとし、一部はなしとした。どのような点で判断が分かれたのかを考えてみよう。

|

« シャルル・デュトワとチェコ管弦 | トップページ | arret:会社更生法上の否認権の行使は可分な目的物の全部に及ぶ »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/7027047

この記事へのトラックバック一覧です: arret:宗教法人の檀信徒決議不存在確認の利益があるとされた事例:

« シャルル・デュトワとチェコ管弦 | トップページ | arret:会社更生法上の否認権の行使は可分な目的物の全部に及ぶ »