« news:イグ・ノーベル賞 | トップページ | nature蛇発見! »

2005/10/13

video iPod

新しいiPodは噂通りビデオ対応

プロモーションビデオを見るとか、要するにMTVをiPodで見られるというのは凄くいい。
でも映画を見るには小さすぎだ。外部モニターに接続できる端子があればよいのだが。

|

« news:イグ・ノーベル賞 | トップページ | nature蛇発見! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

アメリカなどではドラマなどをITMSで配信するそうですが・・・小さい画面で見たいと思う人の気が知れないと思うのは私だけでしょうか?

投稿: みさき | 2005/10/13 11:08

そのアメリカ在住者ですけど
わたくしもそう
わざわざ小さい画面で、、
それも持ち歩いてまで
見たいかなって思う方

アメリカでは徐々に車でにも
TV付が一般化されてますけど
運転中に? 

見るというよりはラジオ化するしか
ない状況になぜ画面が必要なの?
と、、疑問を感じますけどね

世の中便利になればなるほど
不要としか思えない
アイテムもチラホラ、、。

こういう考え方は
遅れているのかな?
(^^:)

投稿: westcoast | 2005/10/13 18:10

小物好きの気持ちは、カタギの人にはわかるまいて(笑)。
「持ち歩きが出来る乗用車」が出たら、小物好きの人はたぶん買いますよ(^_^;)。買ってから「何でこんなものを...」って考えるわけでして。

投稿: h | 2005/10/13 18:39

フラッシュメモリ音楽プレイヤを買ってみてから気づきました。そもそも、自分は音楽を聞く趣味なんかなかったことに。

投稿: Inoue | 2005/10/13 20:12

聴くものは音楽のほかに落語やラジオ番組等もありです。
あ、ラジオの方が安いか。

投稿: 町村 | 2005/10/13 22:01

日本へ行くと必ず思うことは、、
携帯電話をお電話として
使う方が少ないということ

今や小さな子まで携帯でメル
打ち込む前にお電話として
使用すればことが足りそうなのに

電車内では
無言でひたすら打ちまくり
時たま笑い会い、携帯電話を
持ってない人が居ないくらい
恐怖の電車内、(--:)

携帯電話に多種多目の
機能がつけば、もう人とのつながりも
会話も不要、、まるでロボットのような
社会もそう遠くはないのでは?


投稿: westcoast | 2005/10/13 22:55

以前にも出た話題ですが、書籍をiPodにダウンロードして持ち歩けないものでしょうかね。動画配信ができるなら、書籍配信ができないはずがない。いくらiPodが小さくても、携帯の画面よりはましですし、操作レスポンスも速いでしょう。無線LANをくっつけて、必要な書籍をそのつどダウンロードしたっていい。

投稿: Inoue | 2005/10/16 09:49

書籍配信なら考えられなくもないですね。使い道は・・・
でも、表示文字サイズを考えないときつそうであるのは否めないかな?という気がします。
大きさ的には、画面が文庫本の1ページがきっちり表示できるサイズが文字の大きさとか雰囲気とかそのまま持ち越せるのでいいんじゃないかな?と思いますけどね。

投稿: みさき | 2005/10/17 11:07

少し前までアメリカでは
日本の携帯電話の機能のすばらしさ
羽のように軽く、、

わたくしも日本から持ち帰り
携帯電話屋さんに自慢しに
行ったもんですの
ほほほ

その日本製径庭電話の
機能の充実さを真似て
今ではアメリカの携帯電話
もメルも打て、写メルも出来
録音も、、と

日本の携帯電話にかける
技術をお手本に、今世界で
一番機能面でTopを行く携帯電話は
日本がダントツなんですよ~

この間新聞に日本の携帯電話のことが
載ってました。
日本時代もあるわたくしなので
それはうれしかったですが、
いまだに片手打ちも出来ませんが
(^^:)

投稿: westcoast | 2005/10/17 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/6377375

この記事へのトラックバック一覧です: video iPod:

» 【速報】iPod Video 発表! [PCNAVI デジタルユーザーズレポート]
噂通り、Apple iPod Video が発表されました。 デザインはiPod [続きを読む]

受信: 2005/10/13 10:54

« news:イグ・ノーベル賞 | トップページ | nature蛇発見! »