« news:資産隠し共犯で弁護士逮捕 破産法違反 | トップページ | jugement:匿名を悪用した架空請求に、携帯レンタル会社が責任 »

2005/10/28

politics面白裁判:除名処分取り消し訴訟?

「国民新党の綿貫民輔代表らは27日、自民党が綿貫氏ら国民新党メンバー5人を除名処分にしたの
は不当として、処分取り消しなどを求める訴訟を近く起こす方向で検討に入った。」

さあ、民事訴訟を学ぶ皆さん、論点満載ですよ。

綿貫議員たちは8月17日に自民党に離党届を提出して、翌日に政党の設立届を都選管に届け出て受理されたという経緯があり、「われわれが離党したことは法的に認められている」とか「今になって他党のわれわれを自民党が処分するというのは法的に問題があり、何らかの措置を取る。公党としての名誉を著しく傷つけられたと言わざるを得ない」とか言っているそうだ。
さらに、5人の被処分者が原告になるほか、国民新党として提訴することも考えているそうだ。

(手続法上の論点)
政党の自律性
訴えの利益(そもそも何を請求の趣旨にするのかにもよるが)
当事者適格
など

処分の取り消しとか無効確認とかだと、上記のような観点が問題になる。

このほかもちろん、除名処分とその公開が名誉毀損に当たるということも考えられて、その場合はまあ手続法的にはあまり問題は出てこない。政党の自律性という点も、実体法上の名誉毀損の当否を判断しないとかは考えにくい。
その場合は、国民新党を原告とするか補助参加申立をして、判例にチャレンジしてくれると、手続法の学習教材になるのだが。

|

« news:資産隠し共犯で弁護士逮捕 破産法違反 | トップページ | jugement:匿名を悪用した架空請求に、携帯レンタル会社が責任 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/6701376

この記事へのトラックバック一覧です: politics面白裁判:除名処分取り消し訴訟?:

» 自民党、除名、離党の奇奇怪怪 [政治ニュース@若者のおたけび]
綿貫、亀井氏ら9人除名 自民、離党届受理せず (共同通信) - goo ニュース 理由は主義はこのさい横においておいて新党を作ったからには、新しい党の人間になっているはずじゃないのか?『自民党を離党したいけれども党籍は抜きません。生粋の自民党員として新しい党でも頑張ります』そんなところなのか?まて、そうなると非自民連立政権を作って自民党を割って出たが、上手くいかずに今では民主党に在籍している旧竹下派の面々も党籍があるということになるのだろうか? うーん、、、ややっこしくてわからない。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/28 20:36

« news:資産隠し共犯で弁護士逮捕 破産法違反 | トップページ | jugement:匿名を悪用した架空請求に、携帯レンタル会社が責任 »