« article:某判例百選脱稿雑感 | トップページ | 泥沼ののま猫problem »

2005/10/03

NEWS@nifty:米マイクロソフトがインドで「ウィンドウズ」廉価版投入へ(ロイター)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:米マイクロソフトがインドで「ウィンドウズ」廉価版投入へ(ロイター).

 [ハイデラバード 1日 ロイター] 米マイクロソフトは、インドで横行する海賊行為に対抗するため、同国で基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の廉価版を発売する方針を示した。  同社で法律問題を担当するブラドフォード・スミス氏は記者団に、「ソフトウエアの海賊行為を減らすため、インドで近いうちに価値の高い製品を、手ごろな価格で発売する」と語った。  新たに投入される「ウィンドウズ」にはヒンディー語版と英語版があり、価格は1000ルピー(22.7ドル)。これにより、初心者向けパソコンの価格も1

そうか、海賊版が流行る国では値下げで対抗するのか。
日本でも海賊版が流行っているみたいですよ>MS

冗談はともかくとして、海賊版はパロディなどと違って全く弁護の余地がないと思われるのだが、どんなものだろうか?
テロに近いものであって、テロに屈するとつけあがるというのと同じ構図が生まれるのではないかと心配になる。正規品ディーラーがダンピング合戦で海賊版業者に勝てるはずはないと思うし。
最強の海賊版対策は、本体をただで配って別の正規品ならではの付加価値サービスで対価を回収するとかだろう。

|

« article:某判例百選脱稿雑感 | トップページ | 泥沼ののま猫problem »

コメント

海賊版、、アニメの世界にもありますよね
アメリカでは
どらえもんに似た商品が
売られたりしています。

日本人なら大体
「これはあのどらえもんだ」
とわかるでしょうけど、
見たことがない方には

ネコ型ロボットと初物的に
思い込んでしまうように
著作権法に影響するとは
思いますけど

どらえもんの作者関係者は
こんな海賊版が
でていることはたぶん
ご存知ないのかも

投稿: westcoast | 2005/10/03 15:03

アメリカのどこかの政府機関のキャラクタが、ドラえもんにインスパイアされたそっくりさんだって言うのは、有名です。

投稿: 町村 | 2005/10/03 16:06

そうそうありましたわね
アメリカ人の中には日本のアニメオタク
がたくさんいますからね

日本の漫画本から日本語を習った
方も居るくらい、それ系から
は知りませんけど、

最近ではTV業界でも
日本の番組の真似版が結構あり
最近アメリカで放送した番組を
ビデオにして日本のお友達に。

「無人島で何日間生活できるか?」系
お友達いわく「黄金、、」なんとか
いう番組と同じだ~ぁと
言われたことがありますの
^^))

日本のものはなんでも
精密ですから、車も時計も
携帯電話も、、いまやアニメや
TV番組まで、、そのうち訴訟大国は
日本がナンバーワンになったりして
(A^^:)

Good night & have a wonderful evening.


投稿: westcoast | 2005/10/03 17:07

>最強の海賊版対策
正規品しかセキュリティアップデートさせない・・・

ネットに繫がない人は少数だと思いますので
かなり効果が期待できないでしょうか。

一応、現在においても正規品でないと
ダウンロードできないという試みが既にされていますけれども。

投稿: 東馬 | 2005/10/03 18:45

一応載せておきます

Windows Genuine Advantag

http://catalog.microsoft.com/genuine/offers/default.aspx?displaylang=ja

投稿: 東馬 | 2005/10/03 19:01

セキュリティに関しては、海賊版を使ってる奴だけが損害を被るわけではなく、そいつがため込んでいるメールアドレスの主が迷惑を被ったりしますので、海賊版にも等しくアップデートの愛の手を差し伸べて欲しいものです。

まあもっとも海賊版の使用者がアップデートしようなどとは思わないかもしれないけど。

投稿: 町村 | 2005/10/03 19:59

>賊版にも等しくアップデートの愛の手を

言われてみればそうでした。


では正規品でなければインストーラー系アプリ
が使えなくなる、又はそもそもインターネットに接続できなくなるというのを提案してみます。

あまり厳しすぎると我が国では民法90条違反になるのでしょうか。


>海賊版が流行る国では値下げで対抗するのか

正規品ではなく廉価版ですので機能も削減されたとえば1プログラム3ウィンドウという制限があったと思います。
参考まで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0408/16/news003.html

これをみて寧ろMSは次OSからは廉価版を無償提供して
正規品にアップデートさせるという手法を採った方が得策な気がしました。

ただ現状はそれすらできないようです。
「XPSEにはアップグレードパスがない点だという。顧客がこのソフトに慣れ、さらなる機能を望むようになっても、彼らに与えられる唯一の選択肢は、正規の小売価格でWindows XP Home Editionを購入するか、あるいは海賊版に手を出すかだ。」

投稿: 東馬 | 2005/10/03 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEWS@nifty:米マイクロソフトがインドで「ウィンドウズ」廉価版投入へ(ロイター):

« article:某判例百選脱稿雑感 | トップページ | 泥沼ののま猫problem »