« モナーと墨香問題についてcommentを受けた再考 | トップページ | jugement:仲裁合意に基づき訴えを却下した事例 »

2005/10/25

Jugement:共用テレビサーバもダメ

大阪地判平成17年10月24日
クロムサイズ(本社・東京)が開発した「選撮見録(よりどりみどり)」について差し止めを認めた事例

知的財産関係判決は極めて早く速報される。
とりあえず、小倉先生のサイトを見よう。アンシャンレジウムへ引き戻す勢力とのことである。

|

« モナーと墨香問題についてcommentを受けた再考 | トップページ | jugement:仲裁合意に基づき訴えを却下した事例 »

コメント

 次のマーケットは、個人宅へのパーソナル用選撮見録となる予感がします。
 この裁判はどんな有能でITハイスキルな弁護士がクロムサイズ側代理人となっても敗訴は確実だったと思います。

投稿: 鈴木一郎 | 2005/10/25 18:03

確かに。有能でITハイスキルな弁護士がクロムサイズ側代理人だったわけで・・・

投稿: 中井亀之助 | 2005/10/27 00:30

 家庭ごとに1台のサーバなら,何とか個人的用途(私的利用はファミリーユースを含む:家庭に1台のビデオデッキ共用と同視)と拡張解釈できるけど,共用といっても特定多数の住人が利用するマンション1棟に1台はパーソナルユースと解釈せよというのは無理があるでしょう。
 どんなに知財の権威で有能な弁護士であってITの隅々まで知り尽くしたコンピュータ工学の修士号を持つハイスキルなIT弁護士だと仮定しても,本件は文理解釈から敗訴は必至でした。

投稿: 通行中 | 2005/10/27 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jugement:共用テレビサーバもダメ:

« モナーと墨香問題についてcommentを受けた再考 | トップページ | jugement:仲裁合意に基づき訴えを却下した事例 »