« 私法学会終了 | トップページ | これが日本のベスト30私大だ!(東洋経済) »

2005/10/11

decision:動物病院事件、上告棄却決定

朝日コムによれば、最高裁第二小法廷(中川了滋裁判長)は7日、ひろゆき氏の上告を棄却する決定をした。

これは上告受理申立が退けられたという意味なのか、それとも通常上告をして憲法解釈を挑み、憲法問題ではない単なる法令違背の主張に過ぎないと言われたのか?

新聞記事はこの辺全く信用ならないので、誰か詳しい人の登場を待つ。
とりあえずひろゆき氏のブログの適当なところにトラバしておこう。

|

« 私法学会終了 | トップページ | これが日本のベスト30私大だ!(東洋経済) »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

判決文が手元に着てないので、まだわからないんですよねぇ。。

投稿: ひろゆき | 2005/10/11 16:32

分かったらよろしく〜
しかし、よく公害企業とか行政庁とかが敗訴したときに新聞に出るコメントと同じですな。

投稿: 町村 | 2005/10/11 16:37

掲示板における表現方法に
値するわけね

でも不思議なのは
書き込みをしたのは
管理人ではないのでしょう?
あくまでもその場を提供した
だけなのに

管理人は責任を取らされる
削除依頼をしたけど、
聞きてもらえなかった、だから
管理人の責任にも値する?

日本だと会社で公職系で
事件を起す立場が居たら
上司も監督云々で処罰対象に
なるとか、摩訶不思議なスタイルが
あるそうですけど、

その名残なんですかね?
管理人が書き込みしたわけでも
ないのに、、処罰されるべき人物は?
書き込みした張本人ではなく
放置した管理人?

How come ?

投稿: westcoast | 2005/10/12 00:41

書き込んだ人は別だけど、氏名住所は不明ですから。
別に日本人の思考方法というわけじゃありません。

投稿: 町村 | 2005/10/12 07:27

>住所氏名は不明ですから、

だから管理人の責任?
法律って責任転化がいかようにも
成り得ますのね

例えばここが町村氏以外の
管理人がいる掲示板だとして

わたくしが町村氏のことを
なつかしい七福神に出てくる
温和な神さまのお顔に似てますのねと

その場合町村氏が
もし嫌なお気持ちになれば
名誉毀損だとも言えますわよね?

その訴える相手はわたくしであって
管理人ではないはず?
それが法律の正しい道ではないですか?

管理者は氏名住所を
警察なりにお知らせすべき
PC能力はありでしょうから
その旨だけをご協力をすれば
よろしいことを

掲示板に書き込むということは
自分で責任を取れるからこそ
書き込む作業ができるわけでしょ?

あのO平容疑者も
自分の責任を追及されて逮捕に
なったように、日本の法律って
おかしくはないですか?

投稿: westcoast | 2005/10/12 08:36

 ネット上での名誉毀損については、
1 発言者の氏名・住所が開示され発言者が責任をとるシステム
2 発言者の氏名・住所が開示されず「場」の提供者が責任をとるシステム
3 発言者の氏名・住所が開示されず「場」の提供者も責任をとらず被害者が泣き寝入りを強いられるシステム
という3つのパターンが考えられます。
 町村先生は、2と3のどちらを強く支持されるかは分からないですが、1はあまり支持されないですよね。

投稿: 小倉秀夫 | 2005/10/12 11:57

別に日本の法律がおかしいわけではなくて、法律は時としてある人の行為の責任を他人に負わせることがあるんです。
その根拠は、他人の行為で儲けていたり、他人に危険な行為をさせていたり、色々。

動物病院事件では、削除しろと求められたのに放置した責任、あるいは放置せざるを得ないシステムを作って提供していた責任ということです。


で、小倉先生の突っ込みですが、発信者情報開示請求の上で先生の言う1を問うのが本筋であることは疑いを入れません。
ただし、念のため付け加えると、だからといってあらかじめみんな実名をさらさなければならないとか、実名を誰かに登録してからでなければインターネットを使えないようにしておくということまでは支持しませんけど。

発信者情報開示を仮処分で求められるようにすべきと言い続けて、最近は実務上も認められるようになってきました。

なお、2を強く主張するのが明治学院の加賀山先生ですね。

投稿: 町村 | 2005/10/12 13:24

本件の段階では、未だ接続情報が保存されていなかったので、管理者が書いた人間の情報を提供するという前提を欠いていたのではないかと。
なお高等裁判所の判決文は判例時報1816号52頁以下ですが、↓でもみられます。
http://courtdomino2.courts.go.jp/Kshanrei.nsf/WebView2/C3285B90D0EFA50849256CB70005EBAD/?OpenDocument


加賀山先生はお元気でしたね~(笑)

投稿: h | 2005/10/12 14:15

>新聞記事はこの辺全く信用ならないので、


全く同感です♪

英語の新聞だと曖昧な表現が少ないので、この判決についてもNew York Timesとかで取り上げてくれたら、具体的なことがわかっていいのにねー。

投稿: koneko04 | 2005/10/12 14:32

 Benli で取り上げるでしょう。ただ、書くなら高裁判例(判時1816号52頁)を読んでからが実務家の常識のはずですが……。

投稿: 通りすがり | 2005/10/12 17:49

いくら仮処分が認められても、プロバイダ等が発信者の個人情報を把握していなければ、結局、被害者は泣き寝入りですね。

投稿: 小倉秀夫 | 2005/10/13 00:38

まあ、この種のネタはせいぜいANNEXネタですね。

投稿: 小倉秀夫 | 2005/10/13 00:38

>まあ、この種のネタはせいぜいANNEXネタですね。

ん~、のま猫ネタとどうネタとしての差があるのかイマイチわかんないです。

いや、ANNEXで書く事自体は賛成ですけどね。

投稿: JSF | 2005/10/13 02:05

小倉先生って人のブログにわざわざ出張して喧嘩売りにもくるんですね。
3の「泣き寝入り」なんて言葉自体に既に先生の価値観が入りまくりじゃまいか。

ISPについてまで発信者情報開示請求が認められたにもかかわらず、なおかつ本人が特定できなかった事例って寡聞にして知らないのですが、実際そんな事例って起きましたっけ?

投稿: アキバKB | 2005/10/13 12:04

小倉先生のは喧嘩じゃなくてレトリックですよ。解決策が3つあるといって、解決策が3つしかないように思い込ませる。これはR・ニクソンのオプションマジックという有名なレトリックです。選択肢は3つだけじゃないのに3つしかないからこの中から回答を選べみたいに聞こえてしまうでしょ。
これは恩師によれば学術論争ではやってはいけないことだそうです。なぜなら「貴方は解を3つしか考案できなかったのですか。研究や論証それともサーベイが不十分ですよ」と必ず突っ込みが入るからです。

投稿: 鈴木一郎 | 2005/10/13 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/6348668

この記事へのトラックバック一覧です: decision:動物病院事件、上告棄却決定:

« 私法学会終了 | トップページ | これが日本のベスト30私大だ!(東洋経済) »