« date:ハロウィーンに科研費申請書作り | トップページ | jugement:仲裁合意が問題となった事例 »

2005/10/31

Book:有斐閣判例六法18年度版

ポケット六法に続き、判例六法も新年度版が出た。

なにしろ民法と商法が一度に新しくなったわけだから、100年に一度の出来事である。とはいえここ10年ばかり、30年に一度、50年に一度、67年ぶり、100年ぶりという類が頻発しているのだが。

|

« date:ハロウィーンに科研費申請書作り | トップページ | jugement:仲裁合意が問題となった事例 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

弁護士法は意図的に除外されているのでしょうか。

投稿: 東馬 | 2005/11/02 21:29

え、そうなの?
有斐閣はロースクールの学生を判例六法の顧客と見ていないのかな。
結構持ってますけどね。

ちなみに今日の授業では、ポケット六法に当然あると思いこんでいた民訴費用法がなくて往生しました。訴状の印紙額の説明しようにも別表がないとどうしようもない。うろ覚えをしゃべってしまったので、来週にはコピーを配らねば。

投稿: 町村 | 2005/11/02 22:52

>民訴費用法
民事訴訟費用等に関する法律ですか?
それなら、なぜか判例六法には載っていたりします。ポケットにはないですね。

デイリーかコンパクトには別表が記載されていたはずです。

百選等で有斐閣とパイプのある町村教授
がお願いすれば2007年度版には収録されていたりしないかな。

投稿: 東馬 | 2005/11/02 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/6789492

この記事へのトラックバック一覧です: Book:有斐閣判例六法18年度版:

« date:ハロウィーンに科研費申請書作り | トップページ | jugement:仲裁合意が問題となった事例 »