« jugement:他人の破産の事実を知らせることは名誉毀損となるか? | トップページ | example:請求認諾 »

2005/10/20

arret:不当提訴で損害賠償を認めた例

民訴講義を受け始めたロースクール生・法学部生に贈る判決
東京高判平成17年10月19日

武富士が、『武富士の闇を暴く』という本で真実を暴露されたことについて名誉毀損訴訟を提起したことが違法とされた。
以下、新聞記事より
---
石川善則裁判長は「本の大部分は真実で、武富士は批判的な言論を抑圧する意図で訴訟を起こした」と述べ、武富士と武井元会長に計480万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を支持し、武富士側の控訴を棄却した。
---

|

« jugement:他人の破産の事実を知らせることは名誉毀損となるか? | トップページ | example:請求認諾 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/6480050

この記事へのトラックバック一覧です: arret:不当提訴で損害賠償を認めた例:

« jugement:他人の破産の事実を知らせることは名誉毀損となるか? | トップページ | example:請求認諾 »