« なりすまし投票 | トップページ | event:今日、全国シェルターシンポが開幕 »

2005/09/16

岡山大学、softwareの著作権侵害で証拠保全

落合ブログで紹介されていたこの記事、身に覚えのある部局は早急に対応が必要だとされている。

最近でこそ、ソフトについてはライセンスを購入してくれるようになったが、昔は全く無頓着だった記憶がある。
それにしても、岡山大学のコメントは危機感のなさを示している。
----
 BSAの調べでは、昨年末ごろ、「岡山大で違法コピーが行われている」と情報提供があり、会員2社が岡山大に通知したが、十分な対応がなかったとして今年8月、地裁に証拠保全を申請した。
 岡山大は「不正の可能性がある具体的な部署を示してくれれば対応するつもりだった。こういう事態になり残念」としている。
----
著作権侵害には刑事罰も用意されているということを知らないのではないか?

|

« なりすまし投票 | トップページ | event:今日、全国シェルターシンポが開幕 »

コメント

どういうソフトが違法インストールされていたのか知りたいもんですね。少なくとも大学所有のPCならWindowsとMS Officeはプレインストールです。

投稿: Inoue | 2005/09/16 17:19

http://www.bsa.or.jp/press/2005/050915.htm
「BSAメンバー企業であるアドビ システムズ インコーポレイテッド及び株式会社ジャストシステムの申し出に基づき」とあるので,acrobat,photoshop,一太郎のあたりでしょうか?

投稿: horikou | 2005/09/16 17:30

公務員試験や司法試験予備校でもあったはずのLECが不法コピー裁判の判例になっているのには呆れましたね。リーガルマインドの教育はしていなかったとみえる。

投稿: Inoue | 2005/09/17 12:44

国会図書館の児童ポルノ写真集について、図書館が当初「その写真集が児童ポルノと認定された判決を持ってくれば対応する」と対応したのと似ています。

投稿: 奥村(大阪弁護士会) | 2005/09/17 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山大学、softwareの著作権侵害で証拠保全:

« なりすまし投票 | トップページ | event:今日、全国シェルターシンポが開幕 »