« William REHNQUIST死去 | トップページ | election:総務省の回答 »

2005/09/04

ゴルニッシュ先生、Antiracismeを精神的エイズと表現

なんともはや、フランスの右翼FNのナンバーツーであるブルーノ・ゴルニッシュ先生が反差別主義を精神的エイズだといったとか。ルモンドの記事より

ちなみに彼はリヨン第三大学の日本語の先生で、日本法にも詳しく、かつ奥さんも日本人なのだが、なんでああなのだろうか?
10年前は欧州議員であったが、現在はFNのDELEGUE GENERALE(アクサン省略)だということである。

|

« William REHNQUIST死去 | トップページ | election:総務省の回答 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 比ゆとはいえ病名を使うのは知性を疑う学者だと思います。その病気で苦しんでいる人の実情を考えたら、冗談でもエスプリでも使えないはずです。
 病気は、往々にして罹患した患者さんの責任でない場合も多いからです。HIVだって胎児性HIVの方や薬害HIVの方の存在を考えれば、否定的な意味や言葉の代名詞代わりに使うのは暴挙ではないかと。

投稿: ハスカップ | 2005/09/05 02:06

全くおっしゃるとおり。

投稿: 町村 | 2005/09/05 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/5780425

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルニッシュ先生、Antiracismeを精神的エイズと表現:

« William REHNQUIST死去 | トップページ | election:総務省の回答 »