« vote:岐阜県連は郵政民営化反対者も公認する | トップページ | 蜂の巣をget »

2005/08/09

vote:郵政解散

本当に参院否決→衆院解散をやり、また本当に署名拒否閣僚を罷免して自分が兼務して解散の閣議決定にこぎ着けた。
小泉首相は徹底している。

しかし、郵政民営化法案に賛成する候補者のみで過半数に達したら勝利、というのは少し甘すぎないか?

参議院議員がころころ態度を変えるというのであれば別だが、最終的に郵政民営化に反対する意思を表明したのだから、もう一度同じ法案が付議されても、参議院は否決するのが道理である。それを覆すには、3分の2の賛成を衆議院で得なければならない。従って小泉首相の勝敗ラインは、自公で衆院議席の3分の2以上ということになるはずだ。

それはともかく、小泉の後任した候補者と公明とで過半数がとれなければ、小泉首相は退陣するとのこと。そうなると、郵政民営化反対派で選挙に勝ち抜いた人々と自公とで、首相を別の人に代えて首班指名を勝ち取るということになろう。

はてさて、ポスト小泉は誰なのか?

|

« vote:岐阜県連は郵政民営化反対者も公認する | トップページ | 蜂の巣をget »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 今まで参院は「衆院のカーボンコピーだ」という批判を受けてきましたが、コピーでなくなると、とたんに、国政の障害物となりました。解散がないから「ねじれ」は任期が来るまでは解消できません。
 参院の権限が強すぎるのではないかと思います。権限を弱めて名目的な議会にしてこそ、「再考を促す」「識者による落ち着いた議論を行う」良識の府たりうると思う。例によって、英国上院を意識しております。

投稿: 井上 | 2005/08/09 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/5372419

この記事へのトラックバック一覧です: vote:郵政解散:

» 僕的「郵政民営化法案」の見解 [ノグチの愚痴]
今日の午後、郵政民営化法案が参議院で否決された。僕的には、可決されようが、否決されようがどちらでもいい。国会議員は、各都道府県から国民の投票により選ばれた方々だ。僕達が信じたように、この人たちを信じて全てをゆだねればいいんです。今回は、すばらしい国会議員をネットから探して紹介します。山形県(第1区)衆議院議員 鹿野道彦(民主党)「あたたかい日本を作る」をスローガンに多方面で活躍する。そんな、鹿野議員の人柄がわか... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 01:14

» ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや~ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
インターネットTV、VIDEONEWS.COMでじっくり聞きました。http:/ [続きを読む]

受信: 2005/08/18 15:09

» 郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 要するに、問題点は次のようなことらしい。  郵政民営化法案は何度も修正された上 [続きを読む]

受信: 2005/08/18 15:10

« vote:岐阜県連は郵政民営化反対者も公認する | トップページ | 蜂の巣をget »