« こんな面白い政治は12年ぶり | トップページ | vote:政策選択か人間選択か »

2005/08/11

DRAMA自民党

昨晩の竹中平蔵くら替え報道は、誤報、というか憶測というか、まあフライングだったようで、今日は否定記事が出ていた。
それにしても、亀井静香の反応は男を下げている。

党総裁に反旗を翻したくせに、どうして堂々と受けて立つということができないのか。
加藤の乱の情けなさを思い起こす。

考えてみれば対立候補の人材には事欠かない。なにしろ比例代表並立制なのだから、比例区選出議員がたくさんおり、重複立候補も可能なのだからリスクも少ない。小池百合子のように近畿から東京に出撃する必要はなく、
そして何よりも、解散により信を問われているのは、郵政民営化を行うことの当否なのだから、民営化しようとする政党がこれに反対する候補者を立てること自体、論理矛盾である。その矛盾にもかかわらず挙党一致だの常軌を逸する以上だだのと繰り言をいうのは、甘えの構造ここに極まれり、というところだ。

郵政民営化反対派の生きる道は、その正当性を訴えて選挙で勝ち抜くしかない。

|

« こんな面白い政治は12年ぶり | トップページ | vote:政策選択か人間選択か »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/5403567

この記事へのトラックバック一覧です: DRAMA自民党:

» マスコミが国民にとって大事な情報を報道しなくなったらそれこそマスゴミだ。それにしてもマスコミは小泉ヨイショだらけですね。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 下記紹介の記事は一読の価値あり。文中で紹介されている文書「年次改革要望書」は米 [続きを読む]

受信: 2005/08/13 09:40

« こんな面白い政治は12年ぶり | トップページ | vote:政策選択か人間選択か »