« 名古屋地裁証人殴打事件 | トップページ | 来年の新司法試験には新会社法が出る »

2005/07/30

知財高裁は大阪高裁内にもできていた??

ボツネタの大阪高裁知的財産権部,ついに,自らを知財高裁と名乗る(^_^)より

http://courtdomino2.courts.go.jp/chizai.nsf/de82f46c93d5a39c49256795007fb736/254c347a63a90fca4925704d00118bae?OpenDocument
いきなり
「◆H17. 7.28 知財高裁 平成16(ネ)3893 著作権 民事訴訟事件

平成16年(ネ)第3893号違約金等本訴請求,不当利得返還反訴請求控訴事件(原審・大阪地方裁判所平成15年(ワ)第10346号,平成16年(ワ)第5016号)
                         判     決  
控訴人(原審本訴被告・反訴原告)  フルタ製菓株式会社(以下「被告」という。)
同訴訟代理人弁護士         中嶋俊作 
被控訴人(原審本訴原告・反訴被告) 株式会社海洋堂(以下「原告」という。)
同訴訟代理人弁護士         水戸重之 
同                 荻野敦史 
                         主     文  
                 1 本件控訴を棄却する。       
                 2 控訴費用は,被告の負担とする。 」
とあり、判決最後尾には
「(当審口頭弁論終結日・平成17年6月14日)
     大阪高等裁判所第8民事部
         裁判長裁判官      竹  原  俊  一
            裁判官      小  野  洋  一
            裁判官      中  村     心」
とあった。

原因はなんだろうか?
想像だが、テンプレートの間違いか、ウェブページ作成を未だに外注していて、注文を受けた側が間違ったテンプレートに入れてしまったのか、その辺なのだろうか。

切手収集家にとっては、エラー切手というのが珍重されるらしいが、ウェブページ収集家にとってはエラーページなんてありふれすぎていて面白くないかもしれない。でも、裁判所のエラーというのは珍しい(かもしれない)。
そういう意味で、記念アクセスをどうぞ。

|

« 名古屋地裁証人殴打事件 | トップページ | 来年の新司法試験には新会社法が出る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

記念アクセスしてみました

同日に
◆H17. 7.28 大阪高裁 平成16(ネ)2599 意匠権 民事訴訟事件
同じ裁判長でかつ民事8部の判決が出ているので誤記載の疑いが強いですね。


ついでに
http://www.ip.courts.go.jp/index.html
ここにもアクセスしてみました。
これまで見てきた裁判所のホームページの中で一番見やすいですね。

投稿: 東馬 | 2005/07/30 15:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/5229048

この記事へのトラックバック一覧です: 知財高裁は大阪高裁内にもできていた??:

« 名古屋地裁証人殴打事件 | トップページ | 来年の新司法試験には新会社法が出る »