« LS今晩は伊藤塾渋谷校で説明 | トップページ | news:同業者逮捕に慌てたリフォーム会社 »

2005/07/04

news:匿名の卑怯者が放火をする!

東京新聞によれば、昨日未明、フリージャーナリスト山岡俊介さんの自宅が放火された。犯人はもちろん匿名である。

山岡さんといえば、武富士盗聴事件の被害者であり、企業犯罪のライターである。記事によれば最近執筆中の金銭疑惑に絡み「執筆を辞めろ」などと圧力があったという。

この犯人は、もちろん匿名の陰に隠れて他人の言論活動に陰湿な圧力をかけるもので、民主主義の敵というにふさわしく、このような犯人がのさばるようでは知識人・有識者の類が放火攻撃をおそれて言論を差し控えてしまうようなことになりかねない。せめて犯人の法的責任を刑事・民事両面で徹底的に追及できるべきであり、匿名で放火するようなことはできないよう、実名をトレースできる仕組みが必要である。

ところで、夜道を通行する名無しの人々は、その身元がばれないという環境からか、周囲に誰もいないという錯覚のためか、往々にして放火したりしがちである。実際放火の件数は平成16年の統計でも6万件中23%を占めており、とりわけ隣は何をする人ぞと昔から匿名性を特徴としている大都市圏で、出火原因の30%以上を占めるなど高い割合である。

そこで夜間に町中を徘徊する名無しの通行人たちは、放火がおこったときにすぐに実名がトレースできるように、各道路の管理人が通行人の実名と通行ログの保管をしなければならないとするべきである。あるいはその負担が大変だというのであれば、あらかじめ名無し通行人が登録した共通IDを通行ログと結びつけてトレースできる仕組みを義務として導入すべきである。
このログは、放火がおこったときに、その犯人でないとはいえないと考えられる場合に被害者が簡易迅速に開示を受けて通行名無しさんの実名実住所を把握できるようにする。

登録は、既存の住基ネットや銀行口座などの本人確認の仕組みを応用すれば十分だし、そもそも住民基本台帳は誰でも閲覧できるのだから、登録データが流出しても大したことではない。そのコストも年間1万件を超える放火の被害コストに比べれば、とるに足らないものと言えよう。

代案として、街灯をつけ暗い夜道をなくす(トレースを高める)というのがあるが、これでは放火があったときの記録がないかもしれず、匿名の卑怯者の姿は見えても誰であるかどこに住んでるかが直ちにトレースできるとは限らないので、結局放火被害者に泣き寝入りを強いることになる。
(以下略)

----------
ニュースに触発されて想像が広がってしまった。
参考文献:ANNEX OF BENLI

|

« LS今晩は伊藤塾渋谷校で説明 | トップページ | news:同業者逮捕に慌てたリフォーム会社 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

放火犯の場合、放火の実行を目撃されたり、物証を残したりして、特定される可能性が十分にあります。で、インターネット上での誹謗中傷者の場合、その可能性は相当低いですから、犯人の特定を「犯行の実行状況の目撃証言や物証」によって専ら行えということになると、ほぼ犯人の特定は不可能です。したがって、ネット上での誹謗中傷等に関して言えば、発言者をトレースするシステムを実装させない限り、ほぼ犯人の特定は不可能となります。

 で、町村先生は、ネット上では匿名で他人を執拗に誹謗中傷しても何のお咎めのないシステムがお望みなのですか?

投稿: 小倉秀夫 | 2005/07/04 10:45

 リアル社会の匿名放火も困りますが、ネット上で実名のまま出張先に次々と放火するのも非常に困ります。勝手に炎上させられたブログの管理人が大いに迷惑しています。

投稿: 通り過ぎて | 2005/07/04 10:55

もちろんそうではないと、何度いったらご理解頂けますかね。>「ネット上では匿名で他人を執拗に誹謗中傷しても何のお咎めのないシステムがお望みなのですか?」

このフレーズを用いることの無意味さをそろそろ理解されたらいいと思います。

で、ネットワーク上の行動も、結構痕跡を残すようですし、常習性のある方は捕捉がかなりできるようですよ、私は詳しくありませんが。
もちろん一回限りの書き逃げをリメーラや公開プロクシを使ったり踏み台使ったりしてやれば、捜索は困難でしょうが、それは放火の場合も似たり寄ったりです。

もちろん検挙率は放火の場合3/4程度なので、侵入窃盗の1/3に比べたらかなり高いのですがね。これには放火と消防庁が断定した数が8000件なのに警察の認知件数が2000件超なので、3/16という可能性もあり、よく分からないところです。

そういうわけで、放火の被害者が泣き寝入りしないように道を歩く人すべての実名実住所をトレースできる仕組みは必要だと思いませんか?

投稿: 町村 | 2005/07/04 11:13

>小倉先生

 人の意見はちゃんと読んで理解しないと失礼ですよ。勝手な言い分を繰り返し書いて放火したまま炎上させ、反論は受け付けないどころか完璧に無視して、同様のことを執拗に投稿するとは!

 ネットで信望を集めている町村先生が「もちろんそうではないと、何度いったらご理解頂けますかね。」とまでおっしゃるのは、よくよくのことだと分かりませんか?
 ネットでは一般常識とモラルに沿ったネチケットを守ってください!お願いします!

投稿: 通り過ぎて | 2005/07/04 11:35

放火犯の場合、放火の実行を目撃されたり、物証を残したりして、特定される可能性が十分にあります。で、電車内の放屁の場合、その可能性は相当低いですから、犯人の特定を「犯行の実行状況の目撃証言や物証」によって専ら行えということになると、ほぼ犯人の特定は不可能です。したがって、電車内の放屁に関して言えば、放屁者をトレースするシステムを実装させない限り、ほぼ犯人の特定は不可能となります。

 で、町村先生は、電車内では匿名で他人に放屁しても何のお咎めのないシステムがお望みなのですか(w?

投稿: 卑怯な匿名 | 2005/07/04 14:06

本当にごめんなさい。こういうと生真面目に解答するのが無粋だと良くわかってるんですが本当にすみません。

>放火犯の場合、放火の実行を目撃されたり、物証を残したりして、特定される可能性が十分にあります。で、インターネット上での誹謗中傷者の場合、その可能性は相当低いですから

いや、郵便物をポストに投函とか、公衆電話利用とか。
・「活動ログ」を残せない
・入り口の制限が薄い(ISP経由とか言う問題じゃない)
これらの分、目撃される可能性は相当に薄いわけです。

ですから、と言うわけで、トレーサビリティを高めるために共通ID付き名札を着用すると言うアイデアはわかるのですが、正直あまりお勧めできません。光の反射しやすい素材を使うことで交通事故者予防に繋がる点はマシだと思うのですが。

せめてプライバシーを守るために、名札は暗号化されていて裁判所に請求しないと名札の文字が読めません、とか。
もし暗号化されていないと…例えばそうですね、私がエッチな本を買いにいったときとかに、名札を見てサスケットさんはこんな本を見るのか、という機微情報が漏れてしまいますから、名札の暗号化は必須だと思います。

投稿: サスケット | 2005/07/05 00:01

私もかつて実家が放火にあい全焼したことがあり、放火犯の追跡システムを、是非実現してほしいです。

これを実現するためには、全国民(ないし海外旅行者)の顔面画像を登録し認識可能にする。(顔面共通ID)
そして、いまどき街角にたくさんのカメラがありますから、これを路上にも増やし、現在警察は自動車ナンバーの認識をしておりますように、これを利用して、だれでも、どこにいても不審者の行動の把握を(いざというときにはですが)可能にすればいいと思います。

そうすれば、放火に限らず、匿名にてのすべてのリアル犯罪をある程度減らすことが可能になると思うのですが。やはりすべての匿名犯罪者は、とてつもなく卑怯だと思うのです。

投稿: aete | 2005/07/05 00:25

ネット・リアルにかかわらず、すべての匿名は卑怯です!(署名とか選挙とかも、とかね。)

投稿: aete | 2005/07/05 00:38

現実社会においては、その顔面識別システムで出入国管理を行っている国が現にあり、日本もパスポートに生体認証を入れるとか入れないとか、野放しにしていくとどこまでも突き進みそうな感じです。

投稿: 町村 | 2005/07/05 09:13

小倉先生はもちろん、この顔面共通IDのアイデアにはご賛成、ですよね?これまでの首尾一貫からいって。

投稿: aete | 2005/07/05 10:52

酷いニダ!ウリたちが通名で生活する権利を奪うつもりニダ!
実名を強制する小倉秀夫には謝罪と賠償を要求するニダ!

で、小倉先生は「気に入らない発言をする者」を容易に追い詰められる世界がお望みなのですね?

投稿: 通名の卑怯者 | 2005/07/05 13:48

死ぬかと思いました(笑いすぎで)。
町村教授はもっとお堅い人かと勝手に思っていたのですが、いやはや、お堅いw人ですね。

実名と匿名の意義についてITビギナーと対話してみる
http://hunbook.hp.infoseek.co.jp/column/jitsumei.htm

………。 あんがい長かった……。
15年近く前から続くネット(通信)の歴史が、匿名をデファクトスタンダードにした、ということらしいです。
この歴史をひっくり返すのは大変です。

投稿: bの字 | 2005/07/05 19:27

 実名匿名論争は、遠いパソコン通信時代から、出ては消え出ては消えの繰り返しで、週刊誌でしょっちゅうでてくる「究極のダイエット」みたいなものです。
 この話題を誇らしげに主張する方もいますが、とっくにカタがついた主張の繰り返しで、それとトレーシング技術の向上は関係していないです(トレースバックの世界は匿名追跡が当たり前だから)。

投稿: というか | 2005/07/08 10:45

(テロ関連ニュース)駅の監視カメラ増設、政府が全鉄道会社に要請へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050709i101.htm

時代は小倉先生の予言された方向に大きく急カーブを切っています。容姿の撮影のみでは身元が確定できませんし、カメラを避けて行動されたら無力です。

国民に発信型の「共通ID」の携帯を義務づけ(共通IDを発信していない不審者は、職質・身柄の一時確保(警備保安目的であって犯罪捜査のためではないと限定))、監視カメラのかわりにiD情報受信・記録装置を設置すべきです。

今回のテロをみて、小倉先生の慧眼に感服しました。

また、
石原郎知事「テロ潰す」 憲法破りも辞さず
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jul/o20050708_20.htm
小倉先生のテロ・言論テロには毅然として、超法規的に表現の自由も制約していくという考えと一致しています。

投稿: 小倉先生を支持 | 2005/07/09 08:08

 たまたま訪れました。そういえば匿名性というのも最近見かけない問題のように思いました。

投稿: 廣野秀樹 | 2009/03/24 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4822268

この記事へのトラックバック一覧です: news:匿名の卑怯者が放火をする!:

» 言論に対する暴力を止めるのは国家の責任だ [5号館のつぶやき]
 消費者金融武富士の不正を追及している過程で、その武富士から自宅に盗聴器をしかけられた被害者でもあるフリージャーナリストの山岡俊介さん宅が昨日早朝に放火されるという事件が起きました。  本人のブログ(情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ))に詳しい報告がありますのでご覧ください。  ご本人が「本紙・山岡自宅、早朝放火される。これは、言論に対する明らかな挑戦だ」とおっしゃっているように、思い当たるフシが複数あるということです。  「例えば、ある分野では世界的な企業絡みで、右翼... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 21:42

» 匿名の卑怯者が放火をする! [悪徳商法?マニアックス ココログ支店]
ネットの匿名性(トレーサビリティー)よりも、現実世界の匿名性の方が高いと言うこと [続きを読む]

受信: 2005/07/06 21:28

» “恐るべき小泉チルドレン”が考えるネット触媒論 [Asiajazeera]
“複製装置”を化学反応速度論で考えてみる。 [続きを読む]

受信: 2005/10/22 23:58

« LS今晩は伊藤塾渋谷校で説明 | トップページ | news:同業者逮捕に慌てたリフォーム会社 »