« news:同業者逮捕に慌てたリフォーム会社 | トップページ | news:過激化する「デジタルいじめ」 »

2005/07/04

net法:Vocal Cancelがウイルスな件について。

Vocal Cancelがウイルスな件について。
ソフトウェアの自力執行システムの一種だが、今回国会に諮られている刑法改正案には抵触するのであろう。

八 不正指令電磁的記録作成等
1 人の電子計算機における実行の用に供する目的で、イ又はロに掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処するものとすること。(第百六十八条の二第一項関係)
イ 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
ロ イに掲げるもののほか、イの不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
2 1イに掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、1と同様とすること。(第百六十八条の二第二項関係)
3 2の未遂は、罰するものとすること。(第百六十八条の二第三項関係)

自力執行が一般的に正当行為として違法性阻却されるということは、少なくとも日本では、ないはずなので、正しいシリアルを入力しないとシステムを壊すようなウィルス(トロイの木馬も含む)製造者・提供者は、改正案が成立して施行された後であれば、3年以下の懲役または50万円以下の罰金である。

|

« news:同業者逮捕に慌てたリフォーム会社 | トップページ | news:過激化する「デジタルいじめ」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
http://www.geocities.jp/troj_hirofu/ でまとめサイトを経営しております鯨田というものです。
今回の件につきまして町村様のこのブログのページを私のサイトへと転載させて頂きたいのですが許可をいただけないでしょうか。
大変勝手ではございますがよろしくお願いします。

投稿: 鯨田 | 2005/07/04 22:07

>>自力執行
自力執行、自力救済というか
私刑に近い感じですね

>>鯨田
そのまま引用して、引用元としてリンクを
貼ればいいじゃない。
いちいち返事を求めるのは迷惑かと

投稿: nanasi | 2005/07/04 22:17

鯨田さん、転載どうぞ。
ただし当方刑法学者ではないので悪しからず。

投稿: 町村 | 2005/07/05 01:35

ありがとうございます。早速転載させて頂きます。

投稿: 鯨田 | 2005/07/05 14:07

問う。
「隠しコマンド」も刑法改正案抵触するのか?
それは、意図に反するのか? 不正な指示なのか?
また、今回の事件は「隠しコマンド」に該当するのか。

投稿: uso | 2005/07/07 17:16

忍び返しは正当防衛になるということがよく刑法の教科書などに書いてあります。

これとパラレルには考えられないのでしょうか。

投稿: 刑法太郎 | 2006/03/01 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4823198

この記事へのトラックバック一覧です: net法:Vocal Cancelがウイルスな件について。:

« news:同業者逮捕に慌てたリフォーム会社 | トップページ | news:過激化する「デジタルいじめ」 »