« 34.7度の名古屋、梅雨明け | トップページ | TOB:公開買い付け中に株式分割 »

2005/07/19

arret:先物取引の勧誘方法を不法行為と認めた高裁判決

名古屋高判平成17年6月22日

会社名はすべて付せられているので、どの事件であるか分からないが、先物取引の勧誘方法について不法行為が認められ、3割の過失相殺があったものの、損失の7割+弁護士費用90万円あまりを賠償せよと命じた。

認定を細かく見ていくと、必ずしも消費者よりとはいえず、また適合性原則違反は認められないとするなど、消費者の先物取引被害実態を踏まえているとは思えない。
が、それでも第一審が請求を全く認めなかったことに比べれば、非常にまともな判断である。

|

« 34.7度の名古屋、梅雨明け | トップページ | TOB:公開買い付け中に株式分割 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/5051373

この記事へのトラックバック一覧です: arret:先物取引の勧誘方法を不法行為と認めた高裁判決:

« 34.7度の名古屋、梅雨明け | トップページ | TOB:公開買い付け中に株式分割 »