« MASTER CARDもか・・・。 | トップページ | 同志社LS »

2005/06/18

新しい不動産登記法:甲区と乙区がなくなったというのはホント?

答えはウソ。
山野目章夫「新しい不動産登記制度(1)」NBL811号29頁以下連載中は、不動産登記法の全面改正を逐条解説で明らかにする注目論文だ。

冒頭の甲区と乙区の話など、今月の宿題として提示され、次号で答えが示されるのも楽しい。

しかし、甲区と乙区がなくなったというのは法律だけの話で、規則にはあるのか。門外漢にはミスリーディングだが、民訴についても平成8年改正のときは大幅に規則に落としたので、他分野の専門家には迷惑な話だったかもしれない。

|

« MASTER CARDもか・・・。 | トップページ | 同志社LS »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

答えがわかるのですが、書いてよいでしょうか。

投稿: 謄本があるので | 2005/06/20 23:38

あの、甲区と乙区の話は、前号に問題が出ていたのか、今回ウソとの回答が示されていました。
が、謄本はどうなっているのでしょうか?

投稿: 町村 | 2005/06/20 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4603361

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい不動産登記法:甲区と乙区がなくなったというのはホント?:

« MASTER CARDもか・・・。 | トップページ | 同志社LS »