« jugement:振り込め詐欺の金銭を取り返した事例 | トップページ | アホはどこまで行ってもアホ »

2005/06/02

MiniPC:マックミニのコピー商品

マックミニのコピー商品が台湾で出品された。

9月に発売予定だそうだが、また真似ですか、という感じ。
懐かしのiMac初代機の真似をしたウィンドウズパソコンを思い出す。

|

« jugement:振り込め詐欺の金銭を取り返した事例 | トップページ | アホはどこまで行ってもアホ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

クローンを許さないというのがApple社の方針ですが、これはユーザの選択肢を狭め、Macアーキテクチャの市場を限定しています。
少なくとも、ノート型に関しては、MacはPCにくらべて圧倒的に劣ります。

投稿: 井上 | 2005/06/03 04:39

全く同感です。
互換機が出れば、マックOSのシェアはいいところまで行くのではないかと思いますし、普通のユニックスマシン上で動くマックOSが欲しいし、メビウス最軽量に匹敵するマックが欲しいです。

投稿: 町村 | 2005/06/03 08:20

Jobsがクローンを嫌がっているのは、Apple II時代にクローンによる価格下落で苦しんだ過去があるからでしょう。もう、オープンアーキテクチャはこりごりだと。

投稿: 井上 | 2005/06/03 16:34

ついにAppleは、MachintoshのCPUをIntel製にすることを発表しました。PowerPC低消費電力モデルへの不満があるようです。しかし、消費電力の大半はバックライトとHDなんで、CPUが少々電気食いであっても、バッテリ寿命には影響しないような気がします。
 それと、CPUやチップセットがIntel製になると、クローンが出ることは必至です。
 今のままで、クローンを許してライセンシーを巻き上げる方がよかったかも。

投稿: 井上 | 2005/06/05 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4381104

この記事へのトラックバック一覧です: MiniPC:マックミニのコピー商品:

« jugement:振り込め詐欺の金銭を取り返した事例 | トップページ | アホはどこまで行ってもアホ »