« ANAのパソコン盗難 | トップページ | MASTER CARDもか・・・。 »

2005/06/18

exam:情報法中間テスト

問題1.迷惑メールに関する以下の説明のうち、誤っているものをすべて挙げなさい。

(1)日本では、名宛人の事前の同意をとらないで広告のメールを発信することが許されている。
(2) 日本では、商業広告メールを送る場合、その表題(subject)欄に特定の文字列を記載しなければならない。
(3) 日本では、オプトアウトの機会を与えるかどうかは電子メール送信者の自由に任されている。
(4) 日本では、送信ヘッダを偽造して商業広告メールを送信することは違法である。
(5) 商業広告目的のメール以外でも日本の迷惑メールの規制法が適用になる。
(6) 架空メールアドレスに無差別に大量送信する行為は、日本法の下で罰則付きで禁止されている。

|

« ANAのパソコン盗難 | トップページ | MASTER CARDもか・・・。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4602701

この記事へのトラックバック一覧です: exam:情報法中間テスト:

« ANAのパソコン盗難 | トップページ | MASTER CARDもか・・・。 »