« 悪ジビ-原因において自由な行為 | トップページ | Internet法担当教員求む »

2005/06/20

bankruptcy萩国際大学

萩国際大学が民事再生の申し立てをしたとのニュースが流れている。
大学の倒産はもはや仮定の問題ではないということを改めて突き付けるものだ。

現状で立て直すことを目指しているのであればともかく、そうでなければ、在学生や教職員の問題がのしかかるところに、大学倒産の難しさがある。

この問題については同志社大学の佐藤鉄男教授のお弟子さんが詳しい論文を書いている。

なお、報道によれば、ゴルフ文化コースという専攻があることで知られる大学だが、再建後は教育内容を一新するとのこと。

|

« 悪ジビ-原因において自由な行為 | トップページ | Internet法担当教員求む »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 銀行の倒産と同じように、「つぶれる」といううわさが流れただけで学生が来なくなって本当につぶれる可能性があります。
 預金補償と同様に、政府が在学生の同種学科への転学を斡旋する。転学を希望しないなら、今までに払った学費は払い戻す、ぐらいの措置を取らないと、不安心理は静まりません。

投稿: Inoue | 2005/06/21 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4632768

この記事へのトラックバック一覧です: bankruptcy萩国際大学:

» 萩国際大学が定員割れで初の民事再生法申請 [大学情報ネットウォッチ]
99年の開校から大幅な定員割れで経営難に陥っていた山口県萩市の萩国際大学(安部一成理事長)民事再生法の適用を東京地裁に申請する方針を固めた。 ■萩国際大学が定員割れで初の民事再生法申請 文部科学省によると、定員割れで経営難に陥った大学が同法を申請するのは初めてであるとのこと。 2007年4月をめどに社会福祉系の新学部を開設する計画もあり、校名の変更も検討する。 【関連リンク】 Matimulog:bankruptcy萩国際大学...... [続きを読む]

受信: 2005/06/21 09:26

» つぶれる大学 ふえる大学 [大学教員の日常・非日常]
萩国際大学の話題を出遅れたなりにまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2005/07/10 01:07

« 悪ジビ-原因において自由な行為 | トップページ | Internet法担当教員求む »