« Book:企業紛争と民事手続法理論 | トップページ | 悪魔の法字引- 悪意 »

2005/06/12

悪魔の法字引- 弁論主義

訴訟の事実や証拠を集めるのは当事者がやれという原則。裁判所の労力を減らし、真実と違う判断を下してしまっても当事者の自己責任ということで逃げられる都合のよい理論。
法律でそのように決めたことはないが、裁判所がそういう原則があるというので、誰も逆らえない。
ときどき正義感や権力欲に駆られた裁判官や甘え体質の弁護士がこの原則に挑戦するが、最高裁は動揺しつつも原則を維持している。

|

« Book:企業紛争と民事手続法理論 | トップページ | 悪魔の法字引- 悪意 »

悪魔の法字引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4523696

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の法字引- 弁論主義:

« Book:企業紛争と民事手続法理論 | トップページ | 悪魔の法字引- 悪意 »