« arret:公開範囲をなんとか狭めようとする行政に鉄槌 | トップページ | 読売onlineの検索結果 »

2005/06/14

悪魔の法字引- 正当防衛

殺人犯が動かぬ証拠を突き付けられたときに、必ず試みる言い訳の一つ。
一人か二人殺しただけでは認められないことが多いが、数百人以上殺せば50%以上の確率で認められる。

|

« arret:公開範囲をなんとか狭めようとする行政に鉄槌 | トップページ | 読売onlineの検索結果 »

悪魔の法字引」カテゴリの記事

コメント

後段は,正当業務行為(戦争行為)の説明が紛れ込んだのではないでしょうか(ネタ元はチャップリン……だったと思う)。

投稿: 謎の現職 | 2005/06/15 01:42

殺人狂時代、でしたっけね。
独裁者もまあにたような内容のことを言っていたような気がしますが。

投稿: 町村 | 2005/06/15 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/4554930

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の法字引- 正当防衛:

« arret:公開範囲をなんとか狭めようとする行政に鉄槌 | トップページ | 読売onlineの検索結果 »