« eventサイバーセキュリティと国家のセキュリティ | トップページ | matimulog1周年 »

2005/05/01

ついに北海道に新幹線がわたる

喜ぶべきか、悲しむべきか、元道民としては喜ぶべきなのだろうが、納税者としても、また北海道の納税者のためにも、悲しむべきニュースかもしれない。
北海道新聞より
「北海道新幹線・新青森−新函館の着工が国土交通省から認可されたが、青函トンネル内の貨車対策や、並行在来線問題など解決しなければならない課題は数多い。
 総工費約四千七百億円のうち、道負担は約八百三十億円。このうち約三百七十億円は国が交付税で措置し、実質負担は約四百六十億円となる見込みだ。この大半を起債(借金)で賄う方向だが、厳しい道財政の中、負担は軽くない。」

青函トンネルが出来て、20年以上、ようやく本来の新幹線規格が役に立つときが来た。しかし在来線にとっても青函トンネルは物流動脈だけに、新幹線専用とはなりようがない。

思うに、JR貨物が新幹線車両を所有して、北海道からの高速輸送を実現してはどうか?
どうせ北海道新幹線はすかすかダイヤなのだろうから、貨物専用新幹線車両が入っても支障はあるまい。

北斗星はそういうわけに行かないだろう。北斗星がなくなるのは悲しい。

|

« eventサイバーセキュリティと国家のセキュリティ | トップページ | matimulog1周年 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

青函トンネルは,在来線と新幹線共用軌道(3本レール)設備となっていますから,北斗星は残ると思います(架線電圧も切り替えシステムという話だったですが…在来線はデッドセクションで切り替えるような在新両用車両?…)。

投稿: 謎の現職 | 2005/05/01 22:14

そうだといいですね。
しかし在来線と新幹線との共用は難点が色々あるようです。

夜中は新幹線が通らないので北斗星が通っても大丈夫だと良いのですが。

投稿: 町村 | 2005/05/01 23:01

成田空港トンネル方式で,上下線を2社(規格)に分けて,本来上り線を新幹線上下線・本来下りを在来線上下線とするのはどうでしょうか?
これならスイッチ(ポイント)の増設変更で済みますし,ダイヤ密度から可能ではないかと。

投稿: 謎の現職 | 2005/05/02 02:00

新幹線区間を単線で運行するというのには本源的な恐怖を感じますけど、ダイヤ的には可能でしょうね。

投稿: 町村 | 2005/05/02 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3928870

この記事へのトラックバック一覧です: ついに北海道に新幹線がわたる:

« eventサイバーセキュリティと国家のセキュリティ | トップページ | matimulog1周年 »