« 地方議員Blog | トップページ | Internetサイト情報を国立国会図書館が収集公開へ »

2005/05/05

newsいよいよ訴訟社会か

朝日新聞より「東京都青梅市議会の中村義雄議長(77)が、市長の施政方針演説の際に眠っているような写真を市広報紙に掲載されたのは、肖像権侵害で名誉棄損にあたるとして、市を相手取り150万円の損害賠償と広報紙への謝罪文掲載を求め、2日までに東京地裁八王子支部に提訴した。」
http://www.asahi.com/national/update/0502/TKY200505020283.html

こうなってくると、その写真を見たいと思うのは人情だろう。
同記事によれば、議長が情報公開で入手した他の写真には目をつぶっているところがなく、わざわざその一枚を広報誌に載せたというのだから、それが本当なら悪意があったのかもしれない。

それにしても、目をつぶっている写真を掲載すると名誉毀損だというのはどうなのか。肖像権侵害といっても、公開の議場で広報に使用される写真を撮影していることはこれまでもあって、承諾があったといってもよいケースだ。
容姿を気にする議員が不細工にとられたといって名誉毀損だというのと、居眠りしているように見える写真を撮られたから名誉毀損だというのとは、どれほど懸隔があるのか?

それに、市議会の議長様ともあろうお方が、訴訟に訴えなくとも、より効果的な名誉を守る手段はありそうで、その方がこんな馬鹿にされたような反応をもらわずにすむと思うのだが。

|

« 地方議員Blog | トップページ | Internetサイト情報を国立国会図書館が収集公開へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3992448

この記事へのトラックバック一覧です: newsいよいよ訴訟社会か:

« 地方議員Blog | トップページ | Internetサイト情報を国立国会図書館が収集公開へ »