« M1000の開発意図 | トップページ | JR東海の羊頭狗肉 »

2005/05/03

憲法を考えるhint

集団的自衛権を許容するかどうかについて、抽象的に言葉の上で考えてもよく分からない。具体例で考えてみよう。

例えばベトナム戦争。仮に集団的自衛権を認めるとすると、あの戦争でアメリカに従軍した韓国と同様に、日本もベトナム戦争そのものに自衛隊が参加できた。そして憲法が許す限り最大限アメリカに協力するという首相が現れれば、実際に戦闘行為だって行ったかもしれない。

集団的自衛権を認めるということは、そういうことなのだが、それでも賛成ですか?

また近いところではイラクやアフガニスタン。集団的自衛権が行使できないが故に、自衛隊の活動は戦闘地域で行えないし、戦闘行為と一体となるような行為はできない。後方支援だの非戦闘地域だの、色々ごまかしはあるが、ともあれフセイン像を倒すまでの攻撃には日本は加わらなかったし、アフガニスタン侵攻にも加わらなかった。

集団的自衛権を認めるということは、これら局面で戦闘行為に加わる可能性を認めるということなのだが、それでも賛成ですか?

|

« M1000の開発意図 | トップページ | JR東海の羊頭狗肉 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

 前文および9条の条文を読めば、国連主導なら武力行使は認められるという説は有力です。つまり、国連による集団的安全保障は、現行憲法でも十分できる。
 わざわざ集団的安全保障を憲法改正理由に持ち出すのは、国連主導でない集団的安全保障をやりたいということなんでしょう。

投稿: 井上 | 2005/05/03 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3960342

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法を考えるhint:

» 憲法記念日 [Annex of BENLI]
 今日は、憲法記念日です。 近年は、憲法記念日が近づくと、毎年のように憲法改正の是非が話題になります。私の元上司には改憲派もいたりするのですが、とはいえ、「あなたは憲法改正に賛成ですか、反対ですか」という問いかけに対しては、次のように答えようと思っています。私は、今の日本国憲法は結構いい憲法だと思っており、積極的に改正しなければならないと思っている点はない。 私は、「なるほど、それはいい」と思えるような憲法改正私案に出会ったことがない。  少し解説をしますと、私自身を含む国民の大多数が賛成する法令が... [続きを読む]

受信: 2005/05/03 17:48

« M1000の開発意図 | トップページ | JR東海の羊頭狗肉 »