« ブッシュもiPodを聞いているらしい | トップページ | インターネット2におけるp2pと著作権侵害 »

2005/04/16

Bloggerにもジャーナリストと同じ権利を---52%

CNET Japanの記事によれば、ウェブホスティング会社のHostwayが2500人の米国在住者を対象に実施したブログ意識調査の結果として、表題のような数字がでたという。

これを見て、ブロガーの重要性がまた一つ裏付けられたと速断した人は多かろう。私もそうだ。
ところが、この記事は全く正反対の趣旨で、ブログはまだよく知られておらず、重要性も信憑性も低いと考えられているという結果のようだ。
「回答者の3分の1以上はこの調査に参加するまでブログという言葉を知らなかったという。ブログを閲覧したことがある回答者はわずか30%にすぎなかった。」

これはひょっとすると、回答者の選択がアブナイのではなかろうか、と疑ってしまう。
もっとも日本で無作為に意識調査をやったとしたら、もっと少ない知名度ではないかという気もする。

|

« ブッシュもiPodを聞いているらしい | トップページ | インターネット2におけるp2pと著作権侵害 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3724940

この記事へのトラックバック一覧です: Bloggerにもジャーナリストと同じ権利を---52%:

» ブログジャーナリストの法的な地位--日米の温度差 [Think positive, act positive]
アメリカのapple追っかけブロッガーが先走りリークしたmac miniに関するニュース内容が、apple社の逆鱗にふれて訴訟となってしまった事件。前の記事で少しだけ取り上げた。裁判所の判定などを見ているうちに、日本で起きている問題にも急速に似通ってきた。 少し気になったので調べてみる。 ■経緯 apple好きの大学生bloggerが、新製品mac miniに関する裏情報をどこからか入手して製品発表前に自分のblogに書いたところ、その内容がなんとずばり本物だったらしい。激怒したapp... [続きを読む]

受信: 2005/04/17 20:58

« ブッシュもiPodを聞いているらしい | トップページ | インターネット2におけるp2pと著作権侵害 »