« news:女性会員ゼロの出会い系サイトは詐欺 | トップページ | eventサイバーセキュリティと国家のセキュリティ »

2005/04/30

accident:尼崎脱線事故:1両目にいた久田記者事故前後を再現

毎日新聞の記者で一両目に乗っていて助かった方が、事故の瞬間を書きつづっている。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050501k0000m040061000c.html

迫真のリアルさであり、ご無事を心からおよろこびする。

それにしても、直接乗っていたわけでもない私たちも、電車に乗るのがなんとなく怖いし、新幹線などが横揺れしているのに妙に敏感になってしまう。
(妻がよく口にする)実存的不安というやつであろうか。

|

« news:女性会員ゼロの出会い系サイトは詐欺 | トップページ | eventサイバーセキュリティと国家のセキュリティ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

トラックバックをいただきありがとうございました。
私は毎日新聞を購読しておりますので、この記事は読みました。被害者でありながら、記者として事件を語るこの記事は、非常に多くの情報量を含むものですが、それだけにかえって「乗り合わせた新聞記者として、事故を記録しておくのは、最低限の使命であると思い、思い出す限りのことをつづった。だが、この事故にどう向き合えばいいのか、まだ考えはまとまっていない」という最後の文に、胸を締め付けるような思いを感じました。

投稿: よしなが | 2005/05/01 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3926186

この記事へのトラックバック一覧です: accident:尼崎脱線事故:1両目にいた久田記者事故前後を再現:

« news:女性会員ゼロの出会い系サイトは詐欺 | トップページ | eventサイバーセキュリティと国家のセキュリティ »