« article:湯淺墾道「電子投票の諸問題」 | トップページ | 里谷多英事件は藪の中 »

2005/03/17

架空請求tool:公証人確定日付

minji83法務省のサイトによれば、公証人の確定日付印を押して「公証人役場において認証を受けた公的な債権証書です」等と記載し、その通知文書の内容すべてが公証人によって公的に認められたものと誤認させるような書面を送りつけてくるという。。

手の込んだ話だが、公証人に確定日付を付与してもらうのだとすると、それでコストがかかるから、当然ながらこれは偽造印なのだろう。

どうせ偽造するのなら、支払督促とか仮払い仮処分命令とかを偽造すれば良さそうなものだし、公証人の印なら公正証書らしき概観のものを偽造すれば良さそうに思うのだが。
要はすこしだけそれらしき臭いのある文書にすれば、信憑性が増すということなのだろうか。

|

« article:湯淺墾道「電子投票の諸問題」 | トップページ | 里谷多英事件は藪の中 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3333313

この記事へのトラックバック一覧です: 架空請求tool:公証人確定日付:

« article:湯淺墾道「電子投票の諸問題」 | トップページ | 里谷多英事件は藪の中 »