« livedoor事件の異議申立て却下 | トップページ | 架空請求tool:公証人確定日付 »

2005/03/16

article:湯淺墾道「電子投票の諸問題」

判例タイムズ1169号118頁
タイミング良く発行された。

可児市の事例についても詳しく言及され分析がされている。
しかし実際の判決は、湯淺先生の予想を超えて、選挙無効としたものであった。

湯淺先生のこの論文によれば、直接記録方式DREの電子投票機は検証ができないブラックボックスであり、問題があるということだ。

|

« livedoor事件の異議申立て却下 | トップページ | 架空請求tool:公証人確定日付 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

町村先生、丸山です。いつもお世話になっています。実は、これ気になっているのですが、判例ってWebで公開されていませんよね。こういう重要な(と私が勝手に思っているだけかもしれませんが・・)判例は早く公開してほしいですね。湯淺先生の論文も早く読みたいのですが、明日になりそうです。

投稿: 丸山満彦 | 2005/03/17 16:10

判例の発表の遅さ、本当に何とかならないかと思います。
最高裁が現状でもよくやっていると考えているのは、主にユーザーからせっつかれていないためなので、是非、声を挙げましょう。

投稿: 町村 | 2005/03/17 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3324639

この記事へのトラックバック一覧です: article:湯淺墾道「電子投票の諸問題」:

« livedoor事件の異議申立て却下 | トップページ | 架空請求tool:公証人確定日付 »