« IT消費者取引の特徴 | トップページ | event:知財仲裁センター・シンポジウム »

2005/02/28

traiteたばこ規制枠組条約

2月27日に、タバコ規制枠組条約が発効した。

条約13条4項(f)には次のように書かれている。
「国際的な催し、活動又はそれらの参加者に対するたばこの後援を禁止し、又は自国の憲法若しくは憲法上の原則のために禁止する状況にない締約国の場合には、制限すること」

さて、愛知万博ではどうなっているかというと、ホームページで検索してみると日本たばこ産業は寄付企業に名前を連ねている。
日本たばこ産業からの寄付を受け入れるのは、上記の条約違反ではないか。

まさかスポンサー企業とかいってロゴを使わせたりはしていないだろうな。

|

« IT消費者取引の特徴 | トップページ | event:知財仲裁センター・シンポジウム »

ニュース」カテゴリの記事

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3113691

この記事へのトラックバック一覧です: traiteたばこ規制枠組条約:

» たばこ広告の規制強化 [広告*消費者問題Blog]
世界保健機関(WHO)が主導する「たばこ規制枠組み条約」が2月27日発効しました。これはたばこの健康被害を防止を目指すことが目的なのですが、「たばこの消費を減ら... [続きを読む]

受信: 2005/02/28 13:55

» △▼△▼たばこ規制枠組条約−日本も18番目に批准、2月27日に... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.批准 批准とはなんでしょうか。1)批准 条約に署名した国が、条約内容を法的に遵守する意思があることを正式に宣言する行為。2)加入 署名を省く点を除いて批准... [続きを読む]

受信: 2005/03/03 23:40

« IT消費者取引の特徴 | トップページ | event:知財仲裁センター・シンポジウム »