« event学術会議のLS論 | トップページ | jurisprudence判例変更は法の下の平等違反? »

2005/02/24

jugement内部告発に30年の冷遇

トナミ運輸に賠償命令 内部告発者に不利益な人事(追記有り)
富山地判平成17年2月23日

運送業者の闇カルテルを告発したら、教育研修所なる部署に異動になり、一人部屋に隔離されて仕事を与えられず、30年間も昇進もないという扱いを受け、今回認められた損害賠償は1356万円。

こんなこともあるから、内部告発するときは匿名でやるしかないのだ。

ちなみにこの会社はこの期に及んでもまだ非は認めず、正当な人事権の範囲内だといっている。おそらく心からそう信じているのだろう。
そして内部告発者保護制度が一応できた今日でも、真顔で、内部告発は良くないことで裏切りで、和が大切で、と説く有識者は数多い。

(追記)
3月1日、トナミ運輸は控訴断念を決めた。しかし下記のようなコメント。
馬鹿だね、潔く謝罪文を出してしまえば良いのに。判決で謝罪を棄却しているなんてことさらに言ったりして、弁護士に相談しないでコメントするのかな?
---
 同社は「判決の趣旨を真摯(しんし)に受け止め、控訴は行わないことにした。原告の処遇については、判決の趣旨に従い改善することにした」とのコメントを発表。同社の経営企画室は「判決で謝罪を棄却している以上、現段階で謝罪文を出す予定はない」としている。
---

|

« event学術会議のLS論 | トップページ | jurisprudence判例変更は法の下の平等違反? »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3056724

この記事へのトラックバック一覧です: jugement内部告発に30年の冷遇:

» 内部告発は正当 報復人事は違法 [ろーやーずくらぶ]
 トナミ運輸の従業員が「ヤミカルテル」を告発したことを理由に不当に差別待遇を受けたとして損害賠償等を求めていた事件で、富山地裁(永野圧彦裁判長)は、消滅時効によ... [続きを読む]

受信: 2005/02/24 23:24

» 法と正義8―内部告発者の戦い [いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」]
以前に内部告発者は本当に保護されるかを記事に書いたことがあります。真摯な匿名告発によってしか、保護されない場合も多いのではないか――そんな危惧があります。以下に... [続きを読む]

受信: 2005/02/25 10:10

« event学術会議のLS論 | トップページ | jurisprudence判例変更は法の下の平等違反? »