« accademicセクハラ研修会 | トップページ | event学術会議のLS論 »

2005/02/23

Computer&NetworkLAN

長い雑誌名だが、オーム社からComputer&Network LANという雑誌がある。これに「不正行為を調査するデジタル・フォレンジック」という特集が書かれており、辻井、安富両先生を初めとするデジタルフォレンジックの専門家が顔をそろえている。

法律面から見たデジタル証拠の扱われ方を書いているのは石井徹哉・千葉大教授

これからは民事でもデジタルフォレンジックが欠かせない技術となりそうだ。
特に電子カルテなどが普及したら、カルテ改ざんを見破るのに不可欠だし、逆に改ざんの履歴は隠しようもなくなるかもしれない。

|

« accademicセクハラ研修会 | トップページ | event学術会議のLS論 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3047538

この記事へのトラックバック一覧です: Computer&NetworkLAN:

» COMPUTER & NETOWORK LANでらん、らん? [けったいな刑法学者のメモ]
Matimulogから 法律面から見たデジタル証拠の扱われ方を書いているのは石井徹哉・千葉大教授  いつのまにか昇任していた。あわてて校正PDFをみたけ... [続きを読む]

受信: 2005/02/23 17:38

« accademicセクハラ研修会 | トップページ | event学術会議のLS論 »