« book長谷部・憲法と平和を・・ | トップページ | AirH"高速化サービス »

2005/02/22

arret:新着、動産売買先取特権と債権譲渡

動産である商品をA社がB社に売却し、B社がこれをY社に転売した。その後B社が破産し、破産管財人Cが選任された。
さて、Cは、Y社に対する売掛代金債権を第三者Xに譲渡し、その通知をY社にした。
その後で、A社が、B社に対する売掛代金債権の回収のため、動産売買先取特権の物上代位に基づいてY社に対する転売債権を差し押さえた。

この場合、Cが既に転売債権をXに譲渡して対抗要件を備えているが、弁済されているわけではない。物上代位に基づく差押とXへの債権譲渡とはいずれが優先するか?

この問題について、最判平成17年2月22日は以下のように判示した。

「民法304条1項ただし書は,先取特権者が物上代位権を行使するには払渡し又は引渡しの前に差押えをすることを要する旨を規定しているところ,この規定は,抵当権とは異なり公示方法が存在しない動産売買の先取特権については,物上代位の目的債権の譲受人等の第三者の利益を保護する趣旨を含むものというべきである。そうすると,動産売買の先取特権者は,物上代位の目的債権が譲渡され,第三者に対する対抗要件が備えられた後においては,目的債権を差し押さえて物上代位権を行使することはできないものと解するのが相当である。」

 ロースクールの学生諸君は、上告人が引き合いに出した最判平成10年1月30日民集52巻1号1頁を読み、本件との違いがどこにあったかを考えてみよう。

|

« book長谷部・憲法と平和を・・ | トップページ | AirH"高速化サービス »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

動産先取特権は、差押えをするまでが、
もっとも大変です。
かつて、3000点以上の物上代位をした
事がありますが、徹夜の連続ですし、
裁判所からはいやがられるし、
トホホでした。

ところで、
この件のように管財人の譲渡があれば
無理というのは分かるのですが、
最近は、あらかじめ銀行が
集合債権譲渡担保を設定していることが、
多いです。
このような場合は、どう考えるべきでしょうか?

私的には、この場合は、担保権者を
第三者と考えるかどうかが重要に
なってくるような気がするのですが。

投稿: 壇俊光 | 2005/02/23 13:40

譲渡担保権者がこの事例で言うAの場合でしょうか?

投稿: 東馬 | 2007/06/21 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/3037268

この記事へのトラックバック一覧です: arret:新着、動産売買先取特権と債権譲渡:

« book長谷部・憲法と平和を・・ | トップページ | AirH"高速化サービス »