« Deaflympic:露米決戦 | トップページ | iTunesは違法??? »

2005/01/09

Victoria州最高裁のテミス

VIC-SC-temis02メルボルンにあるビクトリア州最高裁判所の正面玄関には、テミスが座って見下ろしている。
このテミスには、他と違う特徴がある。写真をクリックして拡大してみよう。

テミスが目隠しをしていないのは、目隠し派と目隠しなし派とあって、めずらしいことではないのだが(日本の最高裁の菩薩風テミス像も目隠しはしていない。板倉裁判の国なのに・・・)、珍しいのは左手の部分。

天秤を持つのがお約束で、確かに天秤らしき物がある。しかしなんと二枚のお皿が重なっていて、いわばたたんで持っているような感じである。
これは珍しい。

天秤を持たないテミスは、エジンバラのカウンティコートにもあったが、たたんで持っているのはオリジナルだ。
設計した人が風に飛ばされないように、そうしたんだろうか?
まさか正義衡平よりも力というシンボルでそうしたんじゃないだろうな。

|

« Deaflympic:露米決戦 | トップページ | iTunesは違法??? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2519818

この記事へのトラックバック一覧です: Victoria州最高裁のテミス:

« Deaflympic:露米決戦 | トップページ | iTunesは違法??? »