« usa肥満解雇 | トップページ | divers:脆弱性 »

2005/01/27

News:個人情報保護の個別立法は断念

朝日コムの記事によれば、情報通信や医療分野、金融などで予定されていた個別分野の個人情報保護の個別立法をしないことになったそうだ。

医療の分野での個人情報とか、情報通信、金融の個人情報が全く守られないというわけではないが、一般法でしか守られない。
内部者の情報持ちだしなども不可罰のまま、ということ。それでよいのか?

罰則があれば守られるというものではないが、もちろん。

|

« usa肥満解雇 | トップページ | divers:脆弱性 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>医療の分野での個人情報とか、情報通信、金融の個人情報が全く守られないというわけではないが、一般法でしか守られない。
>内部者の情報持ちだしなども不可罰のまま、ということ。それでよいのか?

実務者としては、法的な争いにならないので、解雇・契約破棄といった問題が割と簡単に適用されるかもしれない、という気もします。
また、委託先という関係の場合、委託する側(親会社)の法的な無知が意味無い管理体制の強要とか、契約条件の変更などに反映することがあるだろうと思っています。
なにしろ、実務的にどうなるかがまるで分かっていないのですが、実務においては一番よく知っているのは川下といいますか、個人情報保護上の委託先だったりするわけで、問題になりうるでしょう。

投稿: 酔うぞ | 2005/02/01 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2717424

この記事へのトラックバック一覧です: News:個人情報保護の個別立法は断念:

« usa肥満解雇 | トップページ | divers:脆弱性 »