« Metro:東京もついに淫行条例へ | トップページ | arret:定期金債権の仮払い仮処分と保全執行の期間制限 »

2005/01/25

Metro-net:東京都はフィルタリングを親にも求める

もう一つ、東京都青少年問題協議会答申では、フィルタリングソフトの利用促進も盛り込んでいる。

プロバイダがフィルタリング機能を持つソフトの利用サービスを開発し、契約の際に18歳未満がインターネットに接続するか確認し、接続する場合は、サービスの利用を勧め、提供するよう努めなければならないとされている。
 また保護者にも、フィルタリングソフトやプロバイダのフィルタリングサービスを子供に利用させ、インターネットカフェにもフィルタリング機能付きパソコンを提供するよう、それぞれ努力義務を課すそうだ。

努力義務ならまあいいか、ということになりがちだが、強制ということではないはずの日の丸君が代のヒステリックな扱いを思い起こすと、危険な香り、というかきな臭い感がプンプン臭ってくる。

大体、この同じ答申では有害情報を出さないように出版社にも求めるなど、作家知事に喧嘩を売っているのかとも思える内容があったりするが、さてどうなるのだろうか?

|

« Metro:東京もついに淫行条例へ | トップページ | arret:定期金債権の仮払い仮処分と保全執行の期間制限 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2689223

この記事へのトラックバック一覧です: Metro-net:東京都はフィルタリングを親にも求める:

« Metro:東京もついに淫行条例へ | トップページ | arret:定期金債権の仮払い仮処分と保全執行の期間制限 »