« Yahoo君誕生 | トップページ | 10年前・・・・ »

2005/01/16

Book:野田聖子「私は産みたい」

元郵政大臣野田聖子議員のこの本は、不妊治療の苦労を赤裸々につづった本である。

book01建前と自己宣伝ばかりの政治家本とはまるで違う、またゴーストライターのタレント本とももちろん違う、読む価値のある本だ。
彼女は私たちと同年配でもあり、また子供ができる、できないに関しては悩みがなかったわけでもないので、シンパシーを強く感じてしまう。残された時間で首尾よく成功されることを心から祈っている。

でもまあ、生まれたら生まれたで、喜びとともに苦労もまた大きいのが子供だ・・・。

|

« Yahoo君誕生 | トップページ | 10年前・・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

野田聖子は郵政民営化に反対する郵政族議員である。
関係する利害団体から裏金を受け取った疑惑もある。
族議員古賀らと反小泉を標榜している。
小渕内閣は閣僚の飾りとして女性大臣を必要としたため、野田聖子を郵政大臣にしたが、
何の改革も出来ず、実績も残せなかった。
政治家なら具体的で実効性のある少子化対策を提言すべきである。

投稿: 野田聖子は族議員 | 2005/02/16 06:00

 野田聖子(岐阜)の2001年の収支報告書によれば、特定郵便局長及びそのOBなど136名から合計138万円の献金を受けていた。野田事務所は「純粋な個人献金」としているが、金額がほぼ1万円と横並びで、広島県と岐阜県の局長に集中しており、献金日も大半が同一日に集中していた。
 野田聖子は黒い噂の多い政治屋である。このような悪女が議員であることは、国民に不幸をもたらすであろう。

投稿: 野田悪子 | 2005/03/20 08:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2588449

この記事へのトラックバック一覧です: Book:野田聖子「私は産みたい」:

« Yahoo君誕生 | トップページ | 10年前・・・・ »