« sympo地球的法学教育のIT 利用 | トップページ | LS-Exam:九大ロースクールでの非公開情報漏洩 »

2004/12/10

News二題:不審者の扱い

まず一つは、不審人物と見ると国家公安元委員長でもこう扱われるという記事(岡口ボツネタ経由)
次に、奈良新聞の記事

奈良新聞によれば、奈良市の誘拐殺人事件を受け、県警が不審者情報を集約し学校や地域住民と共有する「子ども安全サポート情報システム」の運用を始めたとのこと。また不審者情報マップを県警ホームページ(HP)上に開設するという。

上記リンクにいってみると、県単位、市町村単位、地区単位と詳細な不審者出没情報がまとめられており、怖いくらいである。

悪い奴がどんどん捕まえられるのは結構なことだが、太った髭=不審者という図式も根強いだけに、不安を禁じ得ない。いつ何時白川さんのような目に遭わないとも限らないし、そうなったら数時間でへなへなとなんでも自白してしまうだろうな。

|

« sympo地球的法学教育のIT 利用 | トップページ | LS-Exam:九大ロースクールでの非公開情報漏洩 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2221606

この記事へのトラックバック一覧です: News二題:不審者の扱い:

« sympo地球的法学教育のIT 利用 | トップページ | LS-Exam:九大ロースクールでの非公開情報漏洩 »