« Lyon:光の祭典 | トップページ | sympo地球的法学教育のIT 利用 »

2004/12/09

LS授業に関連する裁判例=なりすましは有印私文書偽造、同行使

ちょうど今週の民訴の授業で送達を取り上げ、氏名冒用の一つの類型で被告宛訴状を他人が被告になりすましてインターセプトするのは、民事訴訟手続でも救済方法が用意されているが、そもそも犯罪になる、という話をした。
最高裁ホームページを見ると、おあつらえ向きの裁判例が載っているではないか。
最決平成16年11月30日

主要部分はこちらに転載しておく。

最決平成16年11月30日最高裁HP 最高裁平成16年(あ)761号事件
共犯者をして支払督促の債務者になりすまして郵便送達報告書に受領者として押印又は署名して郵便配達員に提出させた行為が有印私文書偽造、同行使にあたるとされた事例

上告棄却
「1 原判決及びその是認する第1審判決の認定並びに記録によれば,本件の事実関係は,次のとおりである。
被告人は,金員に窮し,支払督促制度を悪用して叔父の財産を不正に差し押さえ,強制執行することなどにより金員を得ようと考え,被告人が叔父に対して6000万円を超える立替金債権を有する旨内容虚偽の支払督促を申し立てた上,裁判所から債務者とされた叔父あてに発送される支払督促正本及び仮執行宣言付支払督促正本について,共犯者が叔父を装って郵便配達員から受け取ることで適式に送達されたように外形を整え,叔父に督促異議申立ての機会を与えることなく支払督促の効力を確定させようと企てた。そこで,共犯者において,2回にわたり,あらかじめ被告人から連絡を受けた日時ころに叔父方付近で待ち受け,支払督促正本等の送達に赴いた郵便配達員に対して,自ら叔父の氏名を名乗り出て受送達者本人であるように装い,郵便配達員の求めに応じて郵便送達報告書の受領者の押印又は署名欄に叔父の氏名を記載して郵便配達員に提出し,共犯者を受送達者本人であると誤信した郵便配達員から支払督促正本等を受け取った。なお,被告人は,当初から叔父あての支払督促正本等を何らかの用途に利用するつもりはなく速やかに廃棄する意図であり,現に共犯者から当日中に受け取った支払督促正本はすぐに廃棄している。
2 以上の事実関係の下では,郵便送達報告書の受領者の押印又は署名欄に他人である受送達者本人の氏名を冒書する行為は,同人名義の受領書を偽造したものとして,有印私文書偽造罪を構成すると解するのが相当であるから,被告人に対して有印私文書偽造,同行使罪の成立を認めた原判決は,正当として是認できる。
 他方,本件において,被告人は,前記のとおり,郵便配達員から正規の受送達者を装って債務者あての支払督促正本等を受領することにより,送達が適式にされたものとして支払督促の効力を生じさせ,債務者から督促異議申立ての機会を奪ったまま支払督促の効力を確定させて,債務名義を取得して債務者の財産を差し押さえようとしたものであって,受領した支払督促正本等はそのまま廃棄する意図であった。このように,郵便配達員を欺いて交付を受けた支払督促正本等について,廃棄するだけで外に何らかの用途に利用,処分する意思がなかった場合には,支払督促正本等に対する不法領得の意思を認めることはできないというべきであり,このことは,郵便配達員からの受領行為を財産的利得を得るための手段の一つとして行ったときであっても異ならないと解するのが相当である。そうすると,被告人に不法領得の意思が認められるとして詐欺罪の成立を認めた原判決は,法令の解釈適用を誤ったものといわざるを得ない。
 しかしながら,本件事実中,有印私文書偽造,同行使罪の成立は認められる外,第1審判決の認定判示したその余の各犯行の罪質,動機,態様,結果及びその量刑などに照らすと,本件においては,上記法令の解釈適用の誤りを理由として原判決を破棄しなければ著しく正義に反するものとは認められない。」

まあ要するに、インターセプトした支払督促正本については、すぐ捨てるつもりで実際にも捨てたのだから、詐欺罪の構成要件である不法領得の意思は認められないというのが本題である。
しかし民訴的には、こうした行為が有印私文書偽造に当たり、従って再審事由となることが実例をもって示されている点に興味がいく。

|

« Lyon:光の祭典 | トップページ | sympo地球的法学教育のIT 利用 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2209793

この記事へのトラックバック一覧です: LS授業に関連する裁判例=なりすましは有印私文書偽造、同行使:

« Lyon:光の祭典 | トップページ | sympo地球的法学教育のIT 利用 »