« forensic事始め | トップページ | loi平成16年民訴改正 »

2004/11/26

forensic事始め2

ディスクのデータ解析といっても、その可能性は想像以上だ。
消去されたファイルを復元するのは当たり前。文書ファイルのみならず、画像も、アクセスしたサイトのキャッシュも残っているのだから、心当たりのある人はコンピュータを捨てられなくなる。
コンピュータへのログイン履歴も、外部接続機器の接続履歴も、ディスク内にあるパスワードも、解析すると分かってしまう。
暗号化したファイルも、解読することがパスワードの解明により可能となる。ディスクをまるごと暗号化したら、さすがに手掛かりが無くなるが。
フォレンジック技術を応用して裁判の証拠の在り方も大きく変わっていくだろう。そのあたりのことを、今度のデジタル・フォレンジック・コミュニティで考えてみたい。20041126114332.jpg写真はUBIC社のフォレンジックツールで画像ファイルが復元されたところ

|

« forensic事始め | トップページ | loi平成16年民訴改正 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/2073977

この記事へのトラックバック一覧です: forensic事始め2:

« forensic事始め | トップページ | loi平成16年民訴改正 »