« spamerの気分 | トップページ | 仲裁ADR法学会 »

2004/10/13

spammerかspamerか

どうでもいい話だが、前日の書き込みタイトルにspamerと書いてから、違和感がぬぐえず、ひょっとしてスペルをミスしたかなーと内心恥ずかしい思いでいた。

今、意を決してぐぐってみると、どうやら日本人はspamerとつづり、英語ネイティブはspammerと綴るらしい。
IT用語辞典にも、IT Media Dictionaryにも、spamerという項目で説明が載っている。

ところが、グーグルは既に「もしかしてspammer」と指摘しているし、上記の日本サイトと一緒にspamerというスペルを使っているのは、上海の人の英語サイトとか、ポルトガル語やスペイン語のサイト、ロシア語の(読めないが)サイト、フランス語のサイトだったりする。

もしかしての方をクリックすると、37万ものspam関連サイトがヒットする。

要するに、正しい英語ではspammerと綴るが、英語以外の言語ではspamerと綴るのが正しいらしい。
上海の人のサイトは、英語で書かれているから、ミススペルだ。

私の前回のエントリ・タイトルは、日本語で書いてるのだから、正しいことにしよう。

|

« spamerの気分 | トップページ | 仲裁ADR法学会 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/1664184

この記事へのトラックバック一覧です: spammerかspamerか:

« spamerの気分 | トップページ | 仲裁ADR法学会 »